探偵の人探しの成功率は?要注意!出来る探偵の方法と見極め|探偵コラム

探偵の人探しの成功率は?要注意!出来る探偵の方法と見極め|探偵コラム

探偵事務所の人探しへの期待。

自分で出来ないからプロに依頼したい訳ですから、頼んだ探偵が期待に応え得る事務所か見極める必要が出て来ます。

探偵選びは大手が安心と思っている皆さんに言いたい。
ハッキリ申し上げてそれは間違いです。

判断基準は、探偵事務所の資質を見抜く目を、本文をお読み頂きながら養い、担当者から腕前を感じ取らなければなりません。

探偵業界は大手が安心ではない。
むしろ大手の方が業界の問題児である事は、過去繰り返し申し上げて来ました。

そう、探偵事務所の組織の肥大化は代表者の調査離れ、必要な経費まで削減する情報の不足、そして組織内の技術の低レベル化を招きます。

技術が衰えれば成功率は下がる。

人探しは探し切ってなんぼの世界。

各側面から捉えて、なぜ当探偵事務所の人探しの成功率が94%と高確率を維持しているのか、また一般的な探偵事務所の人探しの成功率、技術面や違い等について、以下お話しして行きます。

1.人探しは2つに大別

探偵が行う人探しにおいては、様々な方法がありますが、依頼人と探す人物の関係性や状況によって、2つに大別出来ます。

①情報による現住所調査
②現住所から行方不明、目視での各所探索等の調査
となります。

①とは、氏名と氏名以外の本人を特定可能なプラスアルファの情報から住所を探し出す情報確認です。

名前など相手の情報があるが、住所や家族など身元が不明な状況。

例えば、
夫や妻の浮気相手の名前は分かるが住所が不明。
交際相手と連絡が取れなくなった。
妊娠したが相手が行方知れず。
お金を貸したが連絡か取れなくなった。
昔の彼、彼女を探し出したい。
アプリで知りあった相手はどこの誰か。
といった処になるでしょう。

よって、住所はそこに置いたまま、逃げ出した、家出した等と云うような場合は、①に含まれず、そうした場合は②に含まれるものです。


②現住所から失踪、目視での探索等の調査は、現住所はそのままに、家出など失踪した状況下、特定エリアにおける対象者の探索を指します。

家族が家出、探さないでと書き置きして出た。
痴呆老人が徘徊し家を出た。
息子や娘が、会社へ出勤せず、訪問すると一人暮らしの部屋を放置して行方不明となった。
など、そもそもの住居を放置している行方不明となった場合の探索は、可能性のあるエリアを探す事になります。

2.情報調査とルート

いち早く探し出したいと考える中、壁となるのは法律、「救いの手はないのか」と言いたくもなるでしょう。

明かされない奥の手があるのではないかとお考えの方もいらっしゃる事でしょうが、同点、否定も肯定も致しません。

ご想像の通りか否かと云った処ですが、技術の重きは独自の情報ルートにも寄っています。

取材、追跡など、現場へ足を運ぶ事は勿論ですが、情報源も複数利用したりもあるものでしょう。

●電磁記録を元にした調査方法
●自社データベースによる調査
●公的記録の適正な開示請求
●秘密情報ソースを照会する調査方法
●偽装工作取材による調査方法

誰しもある生活上の社会との接点。

ここを狙って、取材や関係先を駆使し、情報を集め得る事が出来るかは、多く技術面が

探偵の人探しと情報収集能力|探偵コラム

3.目視による現地探索

情報からあたる人探しとは違い、現地で足で回るとなれば、的外れな所を回っても見つかりません。

よって探し当てるには地元の探偵事務所に調査依頼をかけるのは必須です。

行方不明となった対象者も、初めは地縁のあるエリアに滞在している者が多いものです。

仮に行方不明者の元の住所が九州・博多だったとしましょう。

なのに探すためと言って東京で依頼し向かわせていては、何らメリットがありません。

地元の探偵事務所が、家出した場合に身を隠す事ができる場所、そして対象者別の傾向によって探索するべきエリアも必ず知っているものです。

しかし、行方不明となったのが仮に東京だったとしましょう。

調べると九州・福岡に移動している事が分かったとした場合、信頼関係を以って調査を進めて来れた探偵事務所があるならば、東京で依頼し報告を受けたいと云う事もあるでしょう。

そうした場合に備えとしては、全国にあると称する探偵事務所を選びがちです。

それも一つではありますが、実は大きな落とし穴があります。

全国と称している会社の虚偽の運営状態や、調査レベルや質の低下の問題です。

繰り返しになりますが、探偵事務所は代表者が携わるからこそ、レベルを上げ、結果を残して行くものです。

全国をうたう、ましてやフランチャイズの探偵事務所のトラブルは大きく耳にします。

となれば注視するのは、全国組織の協会に加盟している探偵事務所なのかどうかです。

そして、横の連携が取れているのかも重要。

(一社)日本調査業協会は、手前どもも加盟する団体ですが、研修の開催や本部とのやり取りなど、横の繋がりがとても深い関係にあり、全国600社の探偵事務所と少なからず関係し、時として連携も可能でしょう。

正しく研修や訓練を受け、代表者が親身に動く会社が、行方不明者がいるであろうエリアでしっかりと動いてくれる。

しかも地元で頼むのと同じ金額でです。

こんなに心強い事は無いのではないでしょうか。

そして、他県の探偵事務所と横の繋がりを持っていると云う面も大事でしょう。

人探しの際の取材・現地確認|探偵コラム

4.総じて重要視すべき点

自分で探し得ないからの調査依頼です。

『やってみなければ分からない』と云うのが人探しながら、親切な探偵事務所ならばある程度の発見の目算は事前に表示するものでしょう。

少なからず当探偵事務所では、見積りの段階で、可能な限り現地を赴き目算を立てて、おおよその発見の可能性や方針を明示しています。

何故ならば、安心して調査依頼をして貰うためもですが、費用頂くにあたって「見つけられませんでした」等ととても言えない、言い難いと云う担当者自身の思いもあるからです。

故に、はじめから調査不能な依頼は受けないものとしています。

しかし、営利色の濃い探偵事務所は、探し得ないと分かっていながら引き受けようとする会社も有ります。

目算ながら慎重に探偵事務所の力量を把握する事、そして対象者の発見可能性を引き出す事を依頼前に注意すべきです。

必ず見付かる。
などと話す事は不実の告知で、不法行為であり法律違反です。

言った言わないの問題へと発展せぬよう、確りと内容を確認し、契約なさればと思います。

人探し・行方調査に関する調査のご案内

調査の動機は、皆様の置かれた状況によって様々であろうと思います。

私どもが行う人探し・行方調査の内容の例として、下記をご案内して参ります。


人探し・家出人・行方調査に関するコラム


身元調査・身辺調査
浮気調査・不倫調査
探偵 福岡の興信所|報告書サンプル
暗視関係の特別訓練等も実施
探偵 福岡の興信所|当探偵事務所の機材・技術へのこだわり

 人探し・行方調査は、ご依頼者さまが現在お持ちの情報がどの程度おありになるかにより、調査方法が大きく変わって参ります。
 できるだけ多くの情報があれば発見の確率が大きく高まります。
また、皆さまが思わぬような情報が、発見のヒントになる場合が多くあります。
 ご相談・お見積りは一切無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。