提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

休職中の職員の生活の様子、状況と実態確認

休職中の職員の生活の様子、状況と実態確認|福岡の探偵・興信所

職員が様々な事情によって、休職を取得する事は当然にある事ですが、その理由が必ずや正しいものであるかについては、状況って疑義が及ぶケースはあるものです。

企業運営に於いて、当該職員がはたして願い出た事由によって、休職しているものか、それとも実は全く別の意を以って休職しているのか、同点については行動を見なければ明らかになる事は無いでしょう。

休職の申請に於ける理由は多くある訳です。

例えば
自身のケガによる休職
精神的病に依る休職
親の介護による休職
育児による休職
などを経た後の更なる追加での求職申請。

多く問題となるのは復職が可能なまでに快復していても実は時間を浪費し悪戯に時間を先延ばしする作為的行為。
療養しているはずが、元気に外出、他の職員が当該人がパチンコ等に興じている姿を見かけた、等と云った中、実態を知りたいとご依頼を頂くケースがあります。

また、両親、父内至母と云った一方が要介護状態となり、通院の補助や家庭内でのサポートを余儀無くされ、同介護に従事したいと休職るすものの、実際には一切関与せず、良心の夫婦の一方が独りで介護に従事し苦労している姿があったり。

例は多くございますが、
実に休職の理由を相応に並べ立て申請し、給食に入るものの、その実、単なるサボりであったと云う事例は無数にあります。

「見られなければ大丈夫」
「外出しなければ良いだろう」
そう思いつつ、毎日の生活を送る訳ですが、実際、社会との交わりを一切無くし、家内に閉じ籠る事は難しく、必ずやボロが出ると云うのが長年探偵業に就くプロが感じる怠惰な職員の心理、実態と考えています。

近年、解雇1つにしましても、勤務者の人権が声を大にして謳われております。

問題が勤務者側にあっても、とかく雇用者側の問題として取り沙汰される今日、事を進めるにあたっては、慎重に事実関係を調査し、戦う準備を整え最悪の事態とならぬよう配意する事が、経営者側の賢い準備と言えるのではないでしょうか。

調査に関する対応や方法は、当事者の状況や生活環境によって、様々ございます。

秘密の保持については、探偵業法10条には『秘密の保持』として規定が設けられており、社責を賭して守秘義務を徹底、その遵守に細心の注意で取り組んでおります。

ぜひ一度、詳しいご相談、お見積りをお受け頂ければ幸いです。

 探偵事務所の調査技術のレベルは、各社さまざまです。
当探偵事務所の調査は、外部機関による研修や訓練を得た専門の探偵が、問題解決の専門家として、最低限の費用で最大限の結果をご提供するため、日々努力を重ねて参りました。

 こうしたプロの探偵が、一つ一つ違う皆さまの現状に応じて、事前準備から報告まで、人材育成(外部研修・訓練・撮影技術訓練)、 最新機材の導入(必要機材の補充やメンテナンス・試験購入他)、暗号訓練・会議・チームワークの充実など行い、安心且つ確実な調査をご提供できるよう尽力致しております。

 電話口での簡単なお見積りに限らず、ぜひ一度、専門家の元、単にお安い調査で『安物買いの銭失い。』にならぬよう配意させて頂きながら、精密な調査のご提案やお見積もりと共に 少しでもお気持ちが軽くなられるよう細心の心配りでご相談をお受けさせて頂ければと願っております。

探偵 福岡の興信所|報告書サンプル
暗視関係の特別訓練等も実施
探偵 福岡の興信所|当探偵事務所の機材・技術へのこだわり