提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

当探偵事務所の機材・技術へのこだわり

探偵 福岡の興信所|当探偵事務所の機材・技術へのこだわり

 機材は市販のものから自社製作品まで色々ありますが、なかなか思う通りのものは手に入りません。
調査機材に使えるような機材は、カメラマン専用の高級品や、需要の少ない特定の機能に特化した品ですから、需給関係から安価なものは無いのが現状です。

 弁護士等の法廷で争う専門家からのご要望は、対象者と相手など関係者の顔をハッキリ撮る事です。
誰だか分からないような写真は、争いには使えないとおっしゃる訳です。
ですから、細心の注意で選び抜いた機材を手にしなければなりません。

 カメラなら最大のセンサーで、最も明るいレンズの信頼性が高いカメラを選びます。

 例えばハンディカムだと、4Kを利用、動画から静止画を切り出しますが、画像の明るさと彩度が違う。

 一眼レフならα7sを利用し、F値が0.9あって、ISO感度を上げれば撮れないものはほぼ無い。

探偵 福岡の興信所|当探偵事務所の機材・技術へのこだわり

勿論、ISO感度を最大まで上げれば、結局上げすぎれば粗くて使えませんが、無いよりはましだったり、別所での移動時に顔の撮影などで補足します。

ただ、チャンスは少ないのが調査。
記念撮影ではないのですから、チャンスを最大限に利用したい訳です。
そうすると、良い機材、使える機材であれば、ひとり当たりの持ち出しの機材は増える一方。

4Kカメラもはじめは1台だったのが、気付けばすでに3台。

一眼レフのソニーのαシリーズが2台とレンズのオンパレード。

探偵 福岡の興信所|当探偵事務所の機材・技術へのこだわり

現場が重なる事を考えると、使い回しは出来ないので、各調査員別に購入するのですが、あっと云う間に一人当たり150万円近い高級機材が正式装備品になってしまいます。

暗視撮影に特化したご案内はコチラのページからご覧頂くとして、結局増え続ける機材。
ハンディカム4K、一眼レフα、CCD、赤外線関係、カモフラージュカメラ、盗聴器、受信機、発信器等々、あらゆる機材が入り込んで来ます。

探偵 福岡の興信所|当探偵事務所の機材・技術へのこだわり

『あっ、これは!』と良さそうな機材を購入するものの殆ど使えないものが多く失敗。
たまにある当たり機材に一喜一憂しております。

 このように、トライ&エラーを繰り返しながら取捨選択した機材を事前に使用訓練を重ねつつ、ご依頼皆様の調査現場で、しっかりとした毎日の機材のメンテナンスの下、各調査員が出動しています。

暗視関係の特別訓練等も実施
福岡事務所の技術や機材などのご紹介