提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

子供の家出の理由と傾向

 警察庁の調べによる子供の家出の件数は、年々増加傾向にあります。
時代々でその傾向や背景に違いはありますが、近年では「プチ家出」などと言われ流行語となっているように、 2~3日連絡無く外泊して突然帰宅すると云ったケースが多く見られます。
親の立場から見れば、当然、心配し再発の無いよう厳しく注意するわけですが、 思春期に於ける親への反発心からか、更に繰り返す場合もあります。 そうなれば、突如行方不明になり、突如帰宅すると云った心配し通しの日々が繰り返される事となります。 しかしながら、「いずれ帰るだろう」等と放置すれば、家出が本格化しする事も懸念されますので、 楽観視せず、適切な対応が必要だと考えられます。
思春期の子供の扱いには、苦慮するところですが、子供が家出をする場合、
親が子供に対して「無関心な態度」を取っている場合と、
逆に「全ての行動に口を出している」場合と両極端な場合が多いように感じられます。
近年、親についても、「モンスターペアレンツ」などと呼ばれ、大変非常識な親が増えていると言われる状況、 年齢に限らず、人の親として、自身の行動に誤りが無いかとわが身を振り返るべき時にあるのではないかと感じる次第です。

家出の理由

子供の場合の家出理由のベスト3は

1位 友達等と遊びたい
2位 親(家庭)がうるさいから
3位 恋人と一緒にいたいから
の順となっています。

理由は、子供じみた自分勝手なものが多いですが、背景にはそれを助長させる問題が、 家庭環境に内在しているケースが多いのも事実です。

対処方法とは

 家庭内環境の改善が無ければ根本的な解決は無く、 改善する努力は子供と共に、親自身も取り組み再スタートしなければなりません。
これには大変な努力を要します。
すれ違ってしまったお互いの心を通わせるには、時間も必要でしょう。
 私たちがお手伝い出来る事は、家出してしまい、帰宅しなくなったお子さんを見つけて差し上げる事です。
その際、ご配意頂く必要がある点を簡単に列記致します。

など各内容について、詳しくお書きする事はできませんでしたが、ご注意頂きたい事多数あります。
大事に発展する前にぜひ一度お気軽にご相談下されば幸いです。

 他社で断られた内容でも、一度当探偵事務所にご相談ください。
※特に心身に障害を持つ方をお探しの場合は発見までのスピードが最重要事項となります。
そのような場合は急ぎご相談下さい。迅速に対応いたします。


人探し・家出人・行方調査に関する調査のご案内

調査の動機は、皆様の置かれた状況によって様々であろうと思います。

私どもが行う人探し・家出人・行方調査の内容の例として、下記をご案内して参ります。


 人探し・行方調査は、ご依頼者さまが現在お持ちの情報がどの程度おありになるかにより、調査方法が大きく変わって参ります。
 できるだけ多くの情報があれば発見の確率が大きく高まります。
また、皆さまが思わぬような情報が、発見のヒントになる場合が多くあります。
 ご相談・お見積りは一切無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。