提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

「性格の不一致」を理由に離婚を求める相手のその背景とは|探偵コラム

HOME (探偵 福岡の興信所)>浮気調査トップ>探偵コラム> 「性格の不一致」を理由とした離婚

家庭裁判所などでの調停の際の離婚の理由としてあげられるものとして「性格の不一致」が長年1位となっています。

今まで特には指摘されなかった「性格の不一致」をあげて離婚を迫るその背景には、浮気相手の女性や男性が存在している事が多くあります。

唐突で意味不明な離婚理由や、いきなりの別居宣言などに戸惑い、自分自身のいたらなさを責める前に、まずは確りと事実関係を確認する事で、最悪の結果を回避しましょう。

有責配偶者への離婚拒否や生活を保護するための慰謝料請求や財産分与など、防御や求めるものは多くありますが、
離婚の話し合いや調停、裁判など進むにあたり、必要なものは当人の気持ちではありますすが、隠されているかも知れないパートナーの真の姿です。

小さいお子さんをお抱えの方、専業主婦の方など、生活不安を解消するには、出来るだけ多くの慰謝料や財産分与を得る必要があります。
それには確かな証拠が必要です。
その証拠を通じて身を守り、法的制裁を求めて行きましょう。