提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

浮気の証拠とは?|探偵コラム

浮気の証拠と、ひと言で云っても、メールやラブホテルの領収書、さらには浮気現場の写真までさまざまあります。

はたしてどの程度の証拠があればいいのでしょうか?

そもそも浮気の証拠を必要とする場面としては、夫婦間で話し合う場合や、争って裁判になる等、色々なケースがありますが、その中でも、相手(浮気妻や浮気夫)が反論して来た場面でしょう。
その反論を許さない確たる証拠が欲しいと云うのが必要な証拠となりますね。

■話合いをすすめる前に

「よく夫は浮気を認めています。相手の女性の住所だけを調べてください。」とお問い合わせいただきますが、口頭で認めただけでは確実な証拠とは云えないものです。
口頭で認めただけでは、こと裁判などの公の場で争う事となると、「相手にしつこく言われて止む無く認めた。」「強引に浮気したと認めさせられた。」と反論して来る事になります。
最近では、ラインやfacebookのメールのやり取りを証拠となさる方もいらっしゃるようですが、性的関係をほのめかす内容があっても、確実な証拠とは言えないものです。

こうした不確実な証拠をもって、話合いに入ってしまうと、なかなか調査が難しくなつてしまいます。
浮気調査の場合、できるだけ費用がかからないようにするためには、効率良く調査の日時を決める事ですが、浮気を一度問い詰めてしまうと、相手(浮気妻や浮気夫)は警戒してしまい、なかなか不貞相手と接触しなくなり、日が開いたり、離婚まで待とうと云う事で、チャンスが遠退く事になってしまいます。
そうなれば、費用もかさんでしまいますね。

■確実な証拠とは

相手が反論できず、ぐうの音も出ない証拠となれば、ラブホテルや浮気相手の自宅を訪問する写真などがあれば、確実な証拠と言えます。

当探偵事務所が浮気の証拠として提出した結果報告書で、浮気が認められなかった例はありません。
「気の迷いだった」「泥酔してて覚えていない」などと反論して来る事はあっても、こうした確実な浮気の写真や動画DVDやブルーレイを指して、「合成だ」「偽者だ」と反論して来る事は無く、こうなれば裁判上、話合いの末、浮気を認めて和解となるケースが殆どで、裁判の経費も時間も節約となります。
いいえ、裁判自体もなされるケースも比較的少なく稀なケースとなります。

調査により、必ず浮気の証拠が得られるとは限りません。
警戒から離婚までは会わないようにしているケースもあるからです。

しかし、調査期間中に浮気する事となれば確実に証拠写真を撮影しています。

時折、探偵事務所の調査の結果、証拠写真が不鮮明で、浮気の証拠として、裁判上採用されなかったと云うお話しを聞きます。

探偵事務所のレベルはさまざまです。

また、個人の方が、当探偵事務所と同じレベルの機材を揃えようとすれば100万以上かかりますし、報告書の作成や動画の写真化などを考えますと、かなりの労力となります。
浮気をしていて会っているのであれば確実に証拠を押さえて参ります。

相手に問い詰める前に、証拠が手に入る確率や、費用対効果を考慮なさったうえで、ご依頼なさるか否かご判断なさるとよいのではないでしょうか。