提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

探偵コラム 離婚調停の費用は?

浮気調査後の選択肢としては、話し合いの離婚による協議離婚や、裁判により離婚する裁判離婚、調停により離婚する調停離婚がありますが、 話し合いにならない場合は公的制度で安価に利用で決め調停が便利です。

離婚調停って何?とお思いの方はこちらをごらん下さい。

調停の訴えに必要な手数料は
収入印紙 1200円
連絡用の郵便切手(これは家庭裁判所に確認必要)
とされています。

申立て時は、ご自身や夫の住民票・戸籍、浮気相手がいれば浮気相手の住民票の提出が必要となりますので、別途1,000円程度は必要かも知れません。

離婚調停をよく本格的な裁判と同じように勘違いなさり、弁護士が必要と思っておられる方もいらっしゃいますが、調停を始めるにはこれだけの手数料で訴えを起こせます。 結構手軽に訴えができるのです。

参考になれば幸いです。