提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

探偵コラム 浮気調査後に話し合いで協議離婚する場合の注意点

浮気調査によって妻や夫の浮気がはっきりした場合に、離婚するのかしないのか、決断しなければならない時が近付きます。
現実問題として、浮気の証拠が判明し、浮気がハッキリしたとて、即断出来る方は多くありません。

浮気調査依頼の前から、離婚すると決意されており、離婚のための浮気調査依頼である場合はありますが、多くはどうすべきかお悩みの中で依頼となります。

夫が浮気した場合の妻は、『生活への不安』やそれに伴う『金銭面への不安』が躊躇する場合の真っ先の理由として仰います。
そして結婚生活を続ける事を求められます。勿論、こうした場合、やり直せる程度の相手への愛情が根底にはある場合が多くあります。

女性の場合は、生理的に『イヤっ』と思われたら、お金の問題では無く、離婚を優先なさるからです。
夫は、浮気相手とは初めは体の関係目的が多く、関係が深まって浮気相手から離婚を求められる中で、家庭を振り返ってみると浮気に腹を立てているためながらも角を立てて鬼の形相の妻から、離婚を選択してしまうケースが多いようです。

妻が浮気した場合の夫は、『子供の問題』を真っ先の理由として、離婚したくないと仰います。
しかし、その実、妻への愛情と共に、妻を取られたと云うプライドが先に立つ場合が多くあります。
妻が、幸い家庭に戻っても、不倫のドラマを見ては腹を立て、ちょっとした恋愛話に腹を立て、カラオケの選曲や歌詞に腹を立ててしまいます。

これは女性の場合、一旦家庭に戻ると思い返したように腹を立てる事はなくなります。

男女の性の違いは大きくあるものだと、浮気調査後の経過後のご相談時においてしばしば感じると共に、いかに対処するべきか、また、ご自身の中で解決する方法をお伝えします。
自身のつらい気持ちをパートナーにぶつけても相手の気持ちはどんどん遠ざかってしまいます。

パートナーを取り戻すためには、まずは状況を知ること、それに伴い対策を採とる事が重要です。

ジッとしていても何の解決もできません。
解決の糸口を見つけるため、勇気を出して一緒に立ち上がりましょう。