提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

警察への行方不明者届(旧・捜索願)の出し方・注意点|法令改正後最新版

HOME (探偵 福岡の興信所)>人探し・行方調査トップ>探偵コラムトップ>警察への行方不明者届(旧・捜索願)の出し方・注意点

警察への行方不明者届(旧・捜索願)の出し方・注意点|法令改正後最新版

 突然、ご家族が行方不明となられた場合、ご家族の皆さんは、警察に探して貰えるよう、お訪ねになることと思います。
探してもらえるよう、「捜索願」を提出するにはどのようなものが必要なのでしょうか?
そもそも捜索願を提出すれば、速やかに探してくれるのでしょうか?
順を追ってご説明して参ります。

ご家族の家出~行方不明者届(捜索願)の提出

一般的に、警察に届け出を家族人を探して貰うために届ける手続きや書類を「捜索願」と認識されていますが、同点、平成22年4月に変更が加わりました。
「行方不明者発見活動に関する規則」が施行された為です。
これは、様々な家族環境と、DV、その他の法律など社会情勢が大きく変化されたことに起因して規則が制定されたものです。

同際、用語の整理が行われ、これまでの「家出人」は『行方不明者』、「特異失踪人」は『特異行方不明者』と呼称され、
『行方不明者』は要約すると家出して行方不明となった人の事。
『特異行方不明者』は、「行方不明者」のうち、殺人や自殺など生命身体への危険、未成年者や事故に遭遇した可能性、精神障害や病人と云った者を指しています。
「捜索願」は『行方不明者届』に名称が変更されましたが、警察署で「捜索願の届け出をしたい」と言えば問題無く通じます。

■行方不明者届を届出できる方
1.保護者 2.配偶者(夫又は妻)
3.家出人を現に監護している人 4.同居者、雇主、その他の当該行方不明者と社会生活において密接な関係を有する者
■行方不明者届の届け出先
1.行方不明者の住所又は居所のある警察署
2.行方不明者が行方不明となった場所にある警察署()
3.行方不明者届をしようとする者の住所(例えば親権者など)
※ 基本的には1の行方不明者の住所・居所が届け出先の基本であり、特別な事情に限り2や3で受理されます。


家出人・行方不明者届(捜索願)の届出で必要なもの

行方不明者届(捜索願)を届け出る際に必要なものとしては、届出なさる方の身分証明書と印鑑、家出人本人の写真が必要となります。

■捜索願の提出時に必要なもの
1.届出なさる方の身分証明書 2.印鑑
3.家出人本人の写真


また、警察では失踪時の状況を詳しく説明する必要があります。
警察へ出向く前に、家出人を発見するために必要な事柄をまとめておくとよいでしょう。
最低でも下記程度の事柄をまとめておかれてください。

■必要な事柄チェックリスト
氏名、住所、年齢、性別、身体の特徴その他の行方不明者の特定に必要な事項
家出した日時、場所及びその状況
行方不明となった原因、動機その他の特異行方不明者に該当するかどうかの判定に必要な事項
行方不明者の発見時の措置(どうして欲しいか)に関する届出人の意思
届出人の連絡先


警察に行方不明者届(捜索願)を出すとどうなる?

 一般的に『行方不明者届』を提出することで捜査が行われると考えられていますが、実際はそのようなことはありません。
警察は、行方不明者届(捜索願)を提出すると『行方不明者届』と『特異行方不明者』に分類します。

 「行方不明者」は、本人の意思で行方不明となった者、例えば民事に関する家出人のこと等を指し、成人が自らの意思で家出、借金などの夜逃げなどのケースにあたり積極的な捜査は行われません。
「特異行方不明」とは幼児、病人、老人など自分の意思で失踪することが考えられない者や事故に巻き込まれた可能性のある者、 または、殺人、誘拐などの事件に関わりのありそうな者や、遺書や日頃の言動から自殺の可能性が考えられる者を指し、このような状況の場合にのみ、 専任の捜査担当者が配置され、大規模な捜索活動や公開捜査が行われる場合があります。
つまり、人命にかかわる恐れがある場合に、警察では捜索活動をするということになりましょう。

 受け付けられた警察署の生活安全企画課や警察署長の裁量にて行方不明者照会等が行われる場合もありますが、警察官が日常に行う警ら、巡回連絡、少年補導、交通取締り、犯罪捜査、その他の活動の中で発見の該当の有無が主体となるでしょう。

 行方不明者を発見したときは、捜索願い届出の有無に関係なく、個別の法律に基づいて必要な保護が行われます。
行方不明者届(捜索願)が出ていても、保護することができる要件に該当しないときは、家出人本人の意思に反してまでは保護してくれることは無く、 未成年者や痴呆老人など法律に基づいた保護や特別の事情が無い場合、家出人を保護してくれることはありません。
そうした事より、ご家族は、自身でお探しになったり、プロの探偵社を利用なさったりと云うことになるのです。


相談メール

人探し・行方調査料金表

人探し・家出人調査

 
人探し・家出人調査
料金 情報調査100,000円から
機動調査 80,000円から 実費・税別
内容 ■ご家族の所在調査 ■旧友・初恋の人 ■交際相手の所在調査 ■お世話になった方の行方 ■病による失踪者の所在■事件・事故に関わる人物の所在 ■機動捜査など。
状況により、料金が変わります。お気軽に直接お問い合わせ下さい。

 人探し・行方調査は、ご依頼者さまが現在お持ちの情報がどの程度おありになるかにより、調査方法が大きく変わって参ります。
 例えばよくある交際相手や旧友、元彼女・元彼氏、facebookやラインなどでお知り合いになった方の調査など、情報調査に大きくゆだねられる調査につきましては、ご依頼者さまがどの程度正確な情報をお持ちかによって変わります。
できるだけ正確な氏名漢字や生年月日、ある程度の地域指定(例えば福岡県に住んでいると聞きました。福岡市中央区内や博多区内に住んでいると聞きました等。)があれば発見の確率が大きく高まります。
また、皆さまが思わぬような情報が、発見のヒントになる場合が多くあります。
 ご相談・お見積りは一切無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


本ページのトップへ移動

日本調査業協会会員
ご依頼からご報告まで(福岡事務所)
当探偵事務所(福岡本社)の地図
当探偵・興信所 福岡事務所の「はじめての方へ」

探偵・興信所ブログ

[探偵事件簿-福岡]
探偵事件簿-福岡
私どもの日常をご紹介しています。
 最新更新日:2018/11/13
NEW■浮気調査の結果、シロであって欲しいと願う探偵さん達|探偵事件簿-福岡
■妻の勘ってスゴイ(浮気調査事情)|探偵事件簿-福岡

機材・技術へのこだわり(当探偵・福岡事務所)

報告書サンプル(福岡事務所)
福岡の探偵・興信所コラム

暗視撮影(探偵・福岡事務所)

ご依頼者の声(福岡事務所)
探偵・福岡事務所の紹介
探偵なら福岡の無料メール相談

探偵業法関連

個人さま探偵項目

法人さま探偵項目

福岡の探偵・興信所 本支店

当探偵・福岡事務所の活動地域(福岡)
本支店ネットワーク
福岡本社
熊本支社
など2拠点を通じて九州全域にて活動しています。
福岡地区を中心に福岡県福岡市及びその近郊他、九州全域で活動する福岡の探偵・興信所です。

PAGE TOP ▲