提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

浮気調査 福岡:不倫相手の実家で父母とも同居生活

ご依頼者
夫の浮気調査。
30歳代のご夫婦。会社の社内で知り合い恋愛へと発展し結婚した。
4歳の子供と生活を営んでいた。

ご相談内容
クリスマス頃より、夫である本人の様子がおかしくなり、突然帰宅しない事もしばしばで、注意していたが、お正月を過ぎた頃より、更に外泊がひどくなり、離婚したいと言うようになった。
程無くして、本人は、1ヶ月出張で不在の為、同僚宅に泊ると言っていたが、1ヶ月過ぎた現在も帰宅せず、外泊を続けており、どこで生活しているのかも離さない状況である。
依頼人は、本人の勤務先へと以前勤めていたものであり、本人との共通の同僚がいる事からも、噂を耳にしたがそれによると、本人には不貞相手女性が居るとの事であり、同女性は派遣社員として2年前から勤務している20歳代後半の女性との事であった。

2年前女性からのカラオケへの誘いメールから懸念していた中、現在に至っており、本人は徒歩通勤である事からも、勤務先の退勤時に備え調査を実施する事となった。

調査結果
浮気調査の結果は、本人の追跡を経て難なく判明した。
本人は、本人勤務先を退勤すると、天神からバスに乗車、博多駅まで移動した。
程無くして、博多駅の博多阪急に立ち寄り、不貞相手女性と接触、女性物の衣類や下着コーナーを回った後、JRで移動した。
本人は、不貞相手女性と共にね電車へと乗車すると、博多駅より数駅の停車駅で下車、駅から程近いマンションへと帰宅した。

同女性について、身元調査を実施した処、依頼人提供情報にあった不貞相手女性である事が判明、本人は、同女性のみならず、同女性の両親と共に、同女性の実家へと居住ししている事が判明した。
また、浮気調査途中、本人は同女性の実家の飼い犬を散歩させる等、完全に生活拠点としている生活状況が認められた。
依頼人は、女性の一人暮らしを想像していただけに、同女性の両親も巻き込んでの不倫生活に驚きを隠せなかった。
後、浮気長の結果報告書を基に、弁護士を通じて提訴、復縁を求めたが、夫は帰宅する事無く、止む無く離婚の道を選ぶに至った。

浮気調査 トップ

探偵コラムトップ