提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

浮気調査 福岡:同窓会で再会・不倫

ご依頼者
夫の浮気調査。

夫40代半ば、妻40代前半のご夫婦。
大学時代に東京で知り合い結婚、夫の実家である福岡で暮らすようになって12年が経過した。

ご相談内容
結婚以来、夫に女性の影は無く、順風満帆の家庭生活だったが、4月頃から携帯電話にロックをかけ、常に持ち歩くようになり、常に携帯を気にしている様子がうかがわれている。
身だしなみも気にする事は無かったが、下着を気にしたり、車内を綺麗に掃除したりとおかしな点がある。

また、車内にマスカラや女性の髪の毛等が落ちていたり、ラブホテルのカードが確認された事が決定的となり、浮気調査のご依頼となった。

尚、夜間の出歩きも多く、山笠関係の事務などを担っているため、頻繁に近所で外出帰宅を繰り返すため、女性との浮気での外出なのか、公用で出ているのか分かりづらいものの、女性がいる事は間違いないとの談である。

調査結果
まずは浮気調査の1週間の調査のご依頼を経て、様子をうかがった処、特定の女性と接触している事が判明した。
年の頃は40代と感じられ、同女性と食事に出かけ、公園などに車を駐車し、車内で会話する様子が確認された。
よって同女性の身元を確認したところ、夫である本人の高校時代の同級生である事が確認された。
思い返せば、4月頃に同窓会があっていたとの事で、同同窓会で再開し、関係が深まったのではないかと思われた。
2週間目の調査へと入った頃に、自宅から1時間程離れた地域のラブホテルを訪問、性的関係の証明が得られた事より、調査を打ち切った。
依頼人に報告した処、弁護士を訪問、証拠の甲斐もあって、すぐに認め謝罪、慰謝料も支払われ、問題は収束したかに思われた。
1年経った頃に再度、依頼人から連絡があり、様子がおかしいとの事で確認した処、再度、同女性と不倫行為に及んでいる事が判明した。
聞けば、本人は同窓会の幹事をしているが、同女性も同じく幹事で一緒に動く事も多く、接点も多々あるとの事であった。
会えば気持ちも乱れ、関係してしまうもの。
依頼人へ即刻、本人に同窓会から遠のくよう約束させるよう助言し、調査を終えた。

浮気調査 トップ

探偵コラムトップ