提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

素行調査 福岡:実兄の素行と資産・借金

ご依頼者
実兄の素行調査。

本人は、依頼人の実兄で東京都の出身の60歳代前半の男性。
依頼人も東京都に在住する独身者。

ご相談内容
近年、実父が他界後すぐに実母も他界、相続財産の問題が発生したが、土地の処分の問題や、本人の金銭面のルーズさからも、財産分与の実行に消極的なまま2年が過ぎ、現在へと至っている。
本人は、大学時代から金銭面にルーズで消費者金融などからの借り入れ等を両親が完済したが、その後も色々な理由をつけお金の要求をして金銭を得ている。
両親の死去以後も相続の土地を売って現金を渡して下さい等と要求、何歳になっても金銭苦の状況にあり、改心が無い為、現在の生活状況や財産等を確認すべく、調査以来となった。

尚、本人は結婚しているが実子は授かっていないため、妻との2人暮らし。
義姉(本人妻)が躁うつ病と聞いており、一人に出来ない為、朝7時には施設へ預けていると本人談である。
金銭の要求が強くなったのは、妻と結婚してからとの事である。
勤務先については、全国組織の財団法人で、月収は60万円と高額である。
それでありながら、借金を持ち、「お金がない」「死ぬ」を繰り返す実兄である本人に不信感を抱いているとの事である。

調査結果
まずは本人の生活状況について取材した処、本人は日常使用のトヨタ系のハイブリッドカーを所有すると共に、メルセデスベンツを所有し、更には本人と妻の所有で大型バイク2台を所有している事が判明した。
4LDKのマンションに居住しているが、近隣との付き合いは無く、夫が出勤した後は、妻は終始在宅しており、施設や病院などに外出する様子はなく、付近のスーパーマーケットにて買い物する程度であった。
本人については、平日は勤務先と自宅の往復であり、車通勤を行っているが、週末は妻と外出し、パチンコ店で散財したり、バイクでツーリングに出掛けたりと云った姿が確認された。
同状況について、依頼人に報告した処、本人のとても金銭苦とは思えない生活ぶりに驚くと共に、今後の対応について家族観で話し合うとの事であった。

浮気調査 トップ

探偵コラムトップ