提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

浮気調査 福岡:主婦である妻が浮気

ご依頼者
本件浮気調査の依頼人は、福岡市内に住む36歳の夫。結婚歴8年で夫婦間には幼稚園に通う5歳の息子がいる。

ご相談内容
半年前から怪しいと思い手帳を覗くと怪しい点が多く、2か月前から手帳に時折、「マー君」の名前が度々有った。
そこで先月からICレコダーを車に仕掛け会話を録音したところ、相手の男性がいる事が判明、証拠映像が必要と思い依頼となりました。

3日前には自身で仕掛けたGPSで福岡市の某スーパーに云った事を確認なさっており、駐車場での会話の中で、今何処などとの声がある事から、待ち合わせしていたのではないかとの事でした。
浮気相手の男性からは、電話連絡が頻繁にあるので、時間に融通が利く相手だと思われる。

調査結果
依頼人からの情報を整理し検証するも、妻が浮気相手と接触しているタイミングに規則性が無いため、動きに応じて出動するため、連日、妻の車輌の動きに配意し、行動を待ったところ、平日、夫が出勤している中、お昼のタイミングで外出した。
妻の外出先の移動方向が、日常とは違うため、調査員が急行したところ、浮気相手男性と接触し、食事している状況が確認された。
相手男性は、建設業の個人経営の男性と見るからに判断され、昼食後は移動したため、追跡を実施、飲食店近くのラブホテルへと入室した。
浮気相手男性については、妻と別れた後、引き続き追跡を実施し、帰途先を判明したところ、妻と3人の子供がいる男性で、妻の高校時代の同級生で以前の交際相手であった事が判明、同窓会で再開し再燃したようであった。
依頼人は、妻と離婚を決意し、現在、離婚に向け、弁護士を通じて係争中である。

浮気調査 トップ

探偵コラムトップ