提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

浮気調査 福岡:医師に淫らな行為を受けた

ご依頼者
依頼人は、福岡県内にある精神科の病院の事務長。病院と患者とのトラブルにて、当事者の身元について行動調査依頼となった。

ご相談内容
患者である30歳代の主婦が、医師に淫らな行為を受けたとして訴えてきた。
 医師は、非常に真面目な人柄でもあり、見に覚えのない事で患者から訴えられ、相当のショックを受けた。
 病院側は、医師の優秀さや病院の体面もあり、弁護士を通じて数百万円の慰謝料を支払い、示談が成立していたが、納得がいかず、どう云う人物か調べて欲しいと調査依頼となった。

調査結果
同主婦の過去のトラブルについて取材実施した処、過去、食あたりで入院していた病院が判明した。
同病院で取材をしたものであるが、医師・看護婦ともに露骨にいやな顔をするばかりであったが、その様子からトラブルがあった事は明白であった。
よって、更に取材を続けた処、同主婦とのトラブルで200万円の慰謝料を支払ったとする老舗の温泉旅館が判明した。
同旅館へは夫と宿泊したものであるが、秋の頃、紅葉の季節の混雑の前日に宿泊し、退院後、旅館に押しかけ「腹が痛い。」 「こんな目に合わせて」「結婚記念日が台無し」「仕事にも行けない」と大騒ぎし、慰謝料をむしり取ったとの事であった。
老舗旅館、精神病院の医師など、体裁を重んじる企業を相手に詐欺的行為を繰り返している状況であったが、各所泣き寝入りが続いていた。
本件、ご依頼者も調査は行ったものの、警察沙汰にはせず、院内の警察OBと話し合い告訴はしないと決定したようであった。

浮気調査 トップ

探偵コラムトップ