提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

浮気調査の証拠とラブホテル|探偵コラム

 浮気調査の際にご依頼者が欲しいのは浮気の確実な証拠です。

では浮気とは何なのかと言えば、法律上の争いの際に重要になってくる観点から申しますと、性的関係の有無についてです。

浮気相手らしき異性とあったから、浮気相手の家に行ったから=(イコール)
浮気がありましたと立証されるのではありません。

密室に男女二人が性的関係を持つに要する時間入室していた事が最低限必要になります。

また、不貞行為があったかどうかは、裁判の歳、裁判官の心証(しんしょう)を以って不貞行為の有無が判断されます。

だから、浮気夫や浮気妻、浮気した彼や彼女と云った婚約者はウソをつき言い逃れようとします。

相手の家を訪問した場合は、ある程度言い訳が立ちます。

家の中で「会社のトラブルについて相談していただけ。」「私たち2人きりじゃなくて他の人も来てた。」「家電の故障で、彼詳しいから修理に来てもらっただけ」
など、言い出せばキリがありません。
判断も確証無く難しくなります。

しかし、ラブホテルだと、そうした言い訳もなかなか難しくなります。

探偵が利用する福岡のラブホテル事情

福岡のラブホテルに限らず、男女がペアでラブホテルに入室すれば、性的関係があったと言い逃れが難しくなります。

上記のような言い訳も、「相談ならラブホじゃなくてファミレスですれば。」「ラブホテルには監視カメラがあるし複数名なら領収書もらいに行けば何人利用か分かるね」「家電を修理しにラブホテルに行かないでしょ」など、言い逃れが難しくなりますね。

カップルが2人で入室した場合、当然、浮気調査ならば入室時もしくは退室時の様子を撮影します。
施設内の駐車場から出入り口等の撮影であっても、立ち入りの問題がある場合は、法的問題が生じぬよう、調査員は同ラブホテルを一室借りて立ち入りの制限の問題をクリアにする必要があります。

他のご利用者の方の迷惑にならぬよう、また調査が発覚する事の無いよう、細心の注意で調査に入りません。
ドタバタしながら撮影に入るような漫画チックな行為は一切ありません。

そうして撮影したホテルからの退室や車で走り去る様子を撮影して、報告書を作成、法的証拠として争い事の歳、ご利用していただけるようにするのです。