提携弁護士の判断を通す浮気調査・不倫、身元、人探し、企業・職員不正など安心の探偵業務実行の探偵・興信所

探偵コラム-活動編|子供の問題に対する理不尽な要求への対処方法

浮気調査後の探偵知識-浮気夫・浮気妻からの理不尽な要求への対処方法

探偵事務所による浮気調査の結果、夫婦の一方が浮気をしている事が判明しました。
浮気妻・浮気夫からの離婚要求に対して、冷静さを欠いて理不尽な要求と思いがちです。
しかし、理不尽かどうかは、社会通念(具体的には裁判や調停の判決)で決まります。

慎重な判断が必要になります。

そこで、
1.離婚そのものに関する理不尽な要求
2.慰謝料・財産分与に関する理不尽な要求
3.子供の問題に対する理不尽な要求
の3つに分け、説明して参ります。


前ページでご説明した通り、慰謝料請求や財産分与など、お金がらみの話し合いとなりますと、先の生活不安もあるのでしょう、要求が一方的で利己的な面が出て来るもので、理不尽さが目に付くこととなって参ります。
続いては、探偵事務所の浮気調査後におけるに関する理不尽な要求を説明して参ります。

3.子供の問題に対する理不尽な要求

子供の問題に対する理不尽な要求として、よくある下記3つの内容があります。

■ろくに子供の面倒も見なかったのに親権者になりたいという

親権は、妻が取得しがちであるが、子供の事を考え、妻が育てるのは無理というのであれば夫が親権者となる。
※妻との話し合いがつかなければ、調停・審判で、子供にとってどちらを親権者にすればよいか判断して貰える。妻の浮気=必ず夫が親権者、とはならない。

■離婚後は子供に一切会うなと言う

面接交渉権(子供に会う権利)は、親の固有の権利と言われており、子供を引き取った夫や妻が反対しても会う事ができる。
※子供のことを第一に考え、会う日時や場所などを事前に決めるなどの方法によることになる。

以上が、よくある理不尽な要求であり、離婚に際して皆様が対峙する内容です。お役に立てば幸いです。

探偵コラム 離婚時に子供を引き取りたい

 探偵事務所の調査技術のレベルは、各社さまざまです。
当探偵事務所の調査は、外部機関による研修や訓練を得た専門の探偵が、問題解決の専門家として、最低限の費用で最大限の結果をご提供するため、日々努力を重ねて参りました。

 こうしたプロの探偵が、一つ一つ違う皆さまの現状に応じて、事前準備から報告まで、人材育成(外部研修・訓練・撮影技術訓練)、 最新機材の導入(必要機材の補充やメンテナンス・試験購入他)、暗号訓練・会議・チームワークの充実など行い、安心且つ確実な調査をご提供できるよう尽力致しております。

 電話口での簡単なお見積りに限らず、ぜひ一度、専門家の元、単にお安い調査で『安物買いの銭失い。』にならぬよう配意させて頂きながら、精密な調査のご提案やお見積もりと共に 少しでもお気持ちが軽くなられるよう細心の心配りでご相談をお受けさせて頂ければと願っております。

浮気調査 トップ

探偵コラムトップ