浮気の非難より、狂った不倫夫(妻)を泥沼から救おうって考えも大事

夫や妻の浮気、夫婦だけじゃない彼氏彼女の関係だってそう、分かった瞬間は、心臓が口から飛び出すんじゃないかと思うほど不安が押し寄せてくるし、辛いし、悲しい。

この世の終わりかのように、すべてが終わった感、体の一部を失うかのような喪失感があります。

そんな中で、一人で問題に向き合って抱える。

どう終わりが付くのかも分からない中で考えを巡らしていると、そのうち大きな不安が波となって押し寄せます。

しかし、不安で孤独の中、立ち向かわなければなりません。

依頼人さん達が仰る言葉に『一人じゃないって感じる。それがホントありがたいです。』って言われる事があります。

昼でも夜でも、真夜中でも連絡が取れ、どう対処すべきか、色々なケースをもってお伝えして行きますが、ひとりで考えるって事はその選択肢すら見えて来ない。

だから様々なご夫婦の事例をもって伝えられる対処方法と、それを実践した後、事の顛末が推測ながら見えると安心だと。

基本として、最初にお伝えするのは心構えです。

そうです。

今は不安になっている時ではありません。

夫婦の、そして家族の危機。

如何にしてその危機を乗り越えるものか考えなければなりません。

普通ならば、家庭で発生した問題は夫婦で対処する訳ですが、その対処を共に考えるべきパートナーの行為が問題の種。

せっかく旦那さんや嫁さんが浮気してるって事に気付けたのならば。

夢中になって大事なものを失くそうとしているならば。

そこは心を鬼にして、パートナー、そして不倫相手と戦わなければなりません。

相手は手強いです。

家族を棄ててまでって迷走している夢想中の中年男女が相手ですから。

今の自由な自分、身勝手な自分の行動を続けるために、家族を、夫婦を犠牲にしても厭わない、そんな覚悟で悪態をついて、バレそうな浮気を必死に煙に巻こうとしてきますから。

完全に浮気がバレても、バレてなくても、非難してくる妻、夫の口を黙らせようとする言葉の数々。

『俺たち(私たち)もう終わってる』

『仕事でも始めれば?』

『もう好きにしていいから。俺も好きにするし。』

『実家帰れば?』

『別居だ』

『そのうち出て行くから』

『性格が合わない』

『うちの実家の親も、元々気に入ってなかった』

数ある人を傷付ける言葉の中で、『離婚しかないだろ』もその内の1つです。

言われた側は、心をえぐられる。

ググッと胸が締め付けられる思い。

その場はなんとかしのぎきっても、そのうち涙が溢れて来る。

その状況、どうにかストップをかけたいんです。

なぜか?

今、心乱して言いたいことを引っ込めるのは、全て浮気夫・妻、そして不倫相手の思う壺だからです。

今は泣いてる時じゃありません。

立ち上がって戦わなければならない時。

不倫相手の女に、男に、毒されているバカな旦那を、嫁さんをどうにか、悪の道から救い出さなければならない。

そんな救世主的な、ヒーロー的な、夫婦を知る、家族を知る者として、救済者としてのスタンスで向き合って行かなければならないのです。

きっと救われる、そして報われる。

その来るべき日を待ちながら、我々探偵さんと共に戦って参りましょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。