探偵事件簿 探偵事件簿

旦那が浮気した時、賢い妻が取るべき行動

探偵事務所「帝国法務調査室」の赤崎加代子です。

人って何事も、慣れてくると疎かな考えに立ったりするものです

自身が崖っぷちに立たされないと、考える事も、動く事も、何もしないのんびり屋さんがいて、夫婦間の問題でもどうにかなるだろうと放置し、危機的な事態を招く事があります。

結婚生活を維持していく上でも、夫の浮気や不倫問題は、非常に重い悩みの種ではないでしょうか?

浮気発覚後は、自分の夫がなぜ⁉︎
幸になろうと言っていたのに裏切られた‼︎
など様々な感情は入り乱れて冷静になれないかも知れません。

そのまま感情をぶつけてしまうと、男性は居心地が悪くなり、最悪の場合は家を出て別居へ。

そして、離婚へと・・。

そうです。別れる事を望んでいない、やり直す事を希望し、期待するのなら、これからお話する内容を、慎重且つ冷静になって進めて行く事が非常に大事なのです。

浮気発覚後の対応次第で、夫婦の関係が良くも悪くもなります。

大抵の男性は、浮気、不倫している時点である程度の「罪悪感」を持っているものです。

しかし浮気発覚後、妻が感情的になって問い詰めたり、怒鳴ったり、制裁を加えたりすると、罪悪感から一転して「嫌悪感」や「憎悪感」に変わって妻を遠ざけ浮気相手に走ってしまう、そんな自己本位でわがままな考えを実は内に秘め持っています。

妻としては腹も立つし、辛い気持で一杯ですが、ここはグッとこらえ、冷静になって自分の気持ちを打ち明けて見るのも一つの手段。

浮気されて悲しかった想いや浮気発覚後、どう向き合っていけばいいのかわからないなど気持ち落ち着かせて話せばきっと相手も理解してくれるはず。

じゃあ探偵事務所の存在意義は?と言う事になりますが、それは万が一の際の有事への備え、そして相手に認めさせるための材料。

万が一の際の有事への備えとは何かと言えば、浮気夫が離婚だ別居だと騒ぎ出した場合に阻止し、自身と子供の身を守る為のある種の身を護るための備え。

相手に認めさせるための材料とは、話し合いをしても浮気を認めないのでは、話し合いにすらならない訳で、非を認めさせ、正しく話し合いが出来るようスタート地点に立つ事、そのための材料です。

それを前提に、今日話すのは、日常生活の中で夫の浮気を見抜きながら、確実な証拠が欲しいと調査依頼され、きちんと話し合い、復縁された賢い妻の事例です。

■反省を促し夫婦関係を修復する賢い妻の方法

一般的に嘘をつく時、
男性は視線を合わせないようにする。
逆に女性は相手を凝視する傾向があるものです。

しかしそれを知ってわざと逆の態度を取ることもある為、一概にこの方法で見分ける事は難しいでしょう。

しかし「目は口ほどに物を言う」ということわざもある通り、無視はできません。

目から読み取る情報はたくさんあります。

持ち物から探るだけではなく、夫へそれとなく質問し、情報を集めようとした妻。

夫は会社の飲み会と言いながら、週末はいつも午前様でした。

そこで妻は、「会社の飲み会は誰々と行くの?」などストレートな質問はやめて、「食べた料理」「飲み会の席での会話」など変化球を投げました。

すると言い訳を準備していなかった夫はしどろもどろの返事。

その内、嘘がバレそうになったら黙り込んみ、時として逆ギレするようになって行きました。

嘘のつき方の上手下手はありますが、最後は一番近くに居る「妻の勘」が一番の頼りです。

旦那の浮気を疑いながら、その嘘を見破った事で、妻は旦那の浮気を確信し、『決定的な証拠』と『浮気相手が誰であるのか知り置きたい』と、浮気調査を依頼したのでした。

会社の飲み会へと出掛けた夫の浮気調査

隔週の週末、夫は飲み会どころか、女性宅に直行していました。

女性宅から二人で出て来ると、女性の車で近くのスーパーへ。

両手に買い物袋を持ち歩くニヤケ顔の旦那の姿と、家着で横を歩く女、まるで家庭の夫婦さながらです。

その後、夫が自宅に帰宅したのは午前0時過ぎでした。

ご自身で集めた証拠と探偵による決定的な証拠を持った末の話し合い。

「やってない」とは言わせない中で、話し合いの末の妻の判断は【離婚はしない選択】でした。

■謝罪するかしないかで決めたいならば

大きかったのは夫の謝罪。

はじめは否定していた夫も、女の名前や住所が飛び出すと観念し、話し始めたと言います。

結果、事実を認め謝罪、夫婦や子供、5年先、10年先の家族の行く末を考え、離婚はしないと云う選択。

乗り越えようと。

それで、夫婦間でのルールを決めたのです。

一度浮気や不倫をされると信頼関係が崩れてしいます。
それが謝罪を受け、その場は許せたとしても「トラウマとなって思い出し苦しんでしまう。」、皆さんそうなのです。

信頼関係を回復する為に 浮気発覚後に夫婦のルールを決め直されました。

旦那の携帯電話の通話、メールやメッセージの確認したとしても、受け入れる、怒らないこと。
お互いのスケジュールを伝え合うこと。
休日は家族と過ごすこと。
など幾つかのルール。

同じ事を繰り返したら即離婚する事(二度目は無い)と確り釘を刺しました。
同時に相手女性に対しては制裁を受けて貰うため法的手続きを取る事も了承させる事もしました。

そして忘れてはならないのが、今回の事態に至った理由について、旦那の話を確り聞く事。

その意見の中に浮気の原因や真意が、隠れているからです。

浮気の原因によっは夫婦互いが反省すべき点もあるでしょう。
原因を知る事によって、浮気防止に繋げたいのが一点、そして妻自身も再発防止に何が必要なのか学ばなければなりません。

本事例に於いて、妻は、夫婦間での「コミニケーションや夜の営みを遠ざけてしまった事が、浮気へと至った原因のひとつだったかもしれません」と反省していました。

男性は結婚し子供が出来たとしても、ずっと妻に女としてかまって欲しいと思うもの。
女性からすれば、父となったのにそれを理由にするなんて子供じみていると思いがちですが、男性は違っていて、家庭内で孤立していたと感じたり、SEXなどの夫婦関係が無かったとこを浮気の原因として上げています。

それに対して女性は、子供が産まれると育児中心になり、「仕方ないじゃない、2人で子供を産うけたんだから」との考えに立ちます。

夫への扱いがどうしても疎かになってしまいがちなのは、同じ女性として私も理解できますが、
男性はそうは考えず多くの浮気する旦那さん達が、妻に夜の生活を拒否された事が外に目を向けるようになった原因と上げています。

この点、私たち女性は、毎日の子育てに疲れている中、夫にも参加して欲しいとすら感じています。
しかし、夫は理解どころか性的欲求を悶々と抱え、子育てへの理解よりも自身の我慢を憂いて不幸だとしている点に着目し、面倒ではありますが、注意し、理解し、適度に上手に誘導しなければならないのかも知れません。

上記は、浮気発覚後夫婦間のルールを決めて、夫婦のコミニケーションを取りながら夫の心を取り戻した事例です。

決して浮気を許した訳ではありません。

自身で集めた浮気の証拠、プロの調査員さんが撮ってくれた
調査報告書は私と子供のお守りですとも仰っていました。

浮気 発覚後、この先どう対応していけばいいのか分からず悩まれている方も多く、そのような場合は、最悪の状況になる事も考えつつ証拠集めをしていく事。

離婚を決意した時あらかじめ言い逃れの出来ない証拠を用意しておけば、安心してスムーズに、問題を解決出来るのです。