浮気夫を後悔し憔悴させた妻、夫婦間の話し合い、その方法とは

妻は夫の浮気に勘付いた。

様子から間違い無いと思い、悪いと思いつつスマホのSNS、ラインをチェック。

すると明らかに女がいる事が分かった。

そして、仲間内や会社の同僚と、特定の女性数名、会社の女性と別の不明女性、そして仲間内の男性連中が不倫する他の女性等について、あーでもないこーでもないと言ってた。

要するにゲスな話し。

似た者同士がネット上でゲスな話しに花を咲かせている事が分かった訳です。

しかも、そこには妻の名前もやり取りの中に出て来ていて、それはそれは言いたい放題。

A子の顔はどうだとか、B美のスタイルがいいだの、C代はポチャだのと、ここでは言えないような内容迄のたまっていて、その中で、嫁まで引き合いに出して見た目の事をグダグダと語ってた。

女性を、そして妻である私をなんだと思っているのか、はじめは目を疑う程の衝撃だった。

これまで培って来た夫婦の信頼関係ってものがあるとすれば、もうがガラガラと崩れ落ちて行きます。

夫婦の事まで、明け透けに話してしまってるんですから。

今後は恥ずかしくて、夫の会社の人達とは、夫の同級生の友人達とは、会いたくもないし話したくもない、そんなドンヨリした心境になるでしょう。

夫婦関係は色々あっても、最後は家族を守るべく戦友だと思ってたのに、完全に裏切られてるのを知るって悲しいもんです。

即離婚ってのもありでしょうが、お子さんの事もありますし、そこは出来るだけ責任を取らせたい。

そして、離婚後、できるだけ豊かに暮らしたいと考え、夫とその仲間たちが語る、既に性的関係まで行っていると思われたA子、B美、C代をハッキリさせようと探偵さんへ浮気調査依頼を考えられた奥様でした。

そんなご家庭の過去事例です。

30代で小学生の子供がいるご家庭。

普通ならば、浮気が分かると、離婚するべきか、やり直すべきか、非常に悩む処です。

家計の問題が一番の不安。

愛情?なんて声が聞こえてきそうですが、いわいや9割がお金って方。

お金さえあるなら、こんな旦那なんていーらない。

相手の女に、最後まで責任取って貰って、旦那を引き取って欲しいと、そこまで言われる奥さんもいらっしゃる。

でも、お金が、それプラス情かな、取り敢えずは浮気夫の話しを聞いてからどうするか考えようってスタンスの方が多いんです。

しかし上述通り、旦那には3人の女性との不倫疑惑があって、しかもA子とも、B美とも、C代とも、ヨロシクやってる事が探偵さんの浮気調査でハッキリした訳です。

繰り返しますが、それでも『旦那はやっぱり子供の父親なんで』と言われる妻が多いんです。

でも奥様は違った。

『夫に対する気持ちは無くもありません。』とは言いつつも、絶対に責任取らせて離婚します。

と、かなりの強硬派だった。

結構な亭主関白ブリの夫、嫁は俺の言いなり位の勢いだったが、妻は良妻ぶりを見せつつも、許せない事は許せない、必ずハッキリさせるってスタンスは絶対に崩さない、夫以上の強者だったんです。

でもです。

これって重要なこと。

臆していては、気持ちが見透かされ、交渉事が巧く行く確率は下がる訳です。

そんな妻は、子供を連れてサッと家を出た。

別居先の決定も、引っ越しの手配も速攻。

話し合いから一週間後には、家族で暮らしていた分譲マンションを後にして、子供との母子生活をスタートさせられたのでした。

話し合いの際も、謝罪も無く、浮気を問い詰められても『誰がそんな事言ってんだ?!』と論点を外す。

探偵事務所で調べたと、相手の女についても名前から住所からぶちまけても、それでも黙り込んで謝罪すらしない、亭主関白ぶりを発揮してイライラした態度で話を押さえ込みにかかって来た。

そんな夫ですから、家を出ても何も言ってすら来なかったのです。

そんな中、3ヶ月が経過した頃、急に夫の母から電話があった。

憔悴しきっている息子を見て、痛たまれなくなり、声をかけて来た義母。

もう一度話し合いを出来ないかと言って来たのでした。

半年経っても、一切給料に手を付けず、満額を妻が受け取る状況から、それが反省の意と感じた妻。

再度、話し合いをなさったのでした。

その後、夫は初めて『俺が悪かった』と謝罪。

後、少しずつ関係を回復させ、再スタートへと至られたのでした。

そうです。

ここで教訓。

浮気を繰り返す夫、亭主関白で未だに昭和を地で行く夫に対して、絶対に許さないと云う態度、これか意外と功を奏する事がかなりの確率で高いと云う点です。

嫁は俺の言いなり、謝罪なんてしないし、どうせ向こうから折れて来るだろ、だとか、金で困るだろ、だと高を括って我が儘放題の帰来がある夫。

そんな夫には頑とした対応が重要とも言えます。

臆さず対処する事、簡単には許されないと云う態度、それが悪化を誘うリスクも勿論ありますが、また同じ過ちを繰り返され、度々、こんな苦しい思いをさせられる事を思えば、 再発防止が重要。

それに異論は無いでしょう。

繰り返します。

浮気、不倫問題の解決には同情は不要、認めさせ頑なな態度で話し合いに挑む。

目前の簡単な解決ではなく、根本的な解決を根差して生きましょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。