探偵事件簿 探偵事件簿

妻が浮気、夫婦の再構築への取り組みと結末、得たもの

こんにちは、探偵事務所「帝国法務調査室」の大塚律子です。

パートナーに浮気や不倫をされると、離婚など別れが脳裏をよぎります。

妻の浮気と云う苦難の中、多くの夫は一度は踏み止まり、相手の真意を探りつつ、再構築を図ろうとするケースが多いものです。

浮気や不倫という裏切りがあった夫婦の間で、再構築をして「その後、幸せになれるのか?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

どんどん増えて行くお酒の量、毎日増えて行くタバコの本数・・・。

悲しみ恨み苦しみつつも、復縁を希望するのは妻への愛情なのか、それとも永年連れ添った執着なのか。

こうしておけばよかった…とか、ああしておけば…なんて後悔は「今は」必要ありません。
その反省は後から思い及べば良いもの。
今は目前の問題にどう対応するか、共に考えて参りたいと思います。

妻の浮気でやり直す事を選んだNさん

妻の浮気の問題を抱えた旦那さんNさんからのご相談。
結婚して、もうすぐ18年になられるご夫婦でした。

2人の子供に恵まれ、結婚生活18年の間に念願の一軒家も手に入れた。
家族の夢だった犬も飼って可愛がった。

「我ながら良い家庭を築けていると思っていたんです。」

「穏やかな生活=幸せ」と思って地道に頑張っていたNさん。

妻の様子がおかしいと思い始めたのは、半年前。

娘が中学に入学し3ヶ月が経ったある日、「外で働きたい」と奥さんが言いだしたそうです。

僕と結婚して18年、家のことはしっかりやってくれていたし・・・子供たちも成長したものの、末っ子はまだ手がかかり、少し不安があったが、育児もちゃんと頑張るということで快諾し、10時~16時までのパートに出ることになったそうです。

パート勤務もはじめは順調でした。
職場の事も話してくれて、社会と向き合って頑張ってるんだなと、心応援していたそう。

しかしふとした瞬間、Nさん、普通に分かったそうです。

帰る時間、携帯の扱い方、メールを打つ表情・・・。
理由をつけての外出。

18年も一緒に過ごしてる嫁の変化。
証拠がなく、携帯などを確認したかったが、がっちりロックされていたものの、やはり間違いないと確信してしまったのでした。

「状況証拠は無いけれど間違いありません。」と言われるご主人。

Nさんにお会いして感じたのは、精神的にも追い込まれ、日常生活にすら大きな影響が出始めている感でした。
不安な中、色々考えつつ悩みを背負い行く我慢の連続。

そんなNさんは、白黒ハッキリさせてやろう!という気持ちから当探偵事務所へ来所なさったのです。

ほんの僅かですが、「間違い」であって欲しいとも思いつつ、浮気調査を実行したのですが、やはり答えは黒。

報告書を見て、「わかっていても、ショックですね…。」
腹立たしく、爆発しそうな気持ちを押さえつつながら、妻次第ではやり直す方向で行きたいと希望をお話しくださいました。

これからについてどうすべきか。

お気持ちを一つずつ確認しつつ、後悔しない選択に向け動き出すNさんと、色々どうすべきかお話しします。

どんな選択肢があるのか。
選択肢別に、どのような未来へ続いているのか。

怒りや悲しみが入り交じったこの感情は、実際に経験された方でないとわからないこともありますが、浮気や不倫後の再構築は、サレた側が非常に辛い。

仮に謝罪を受け、終わりを付け、家族・夫婦がやり直す方向になったとしても、ふと思い出す中に見える辛い気持ちや当時抱えた苦しみのトラウマ。

再構築は不可能なことではありません。
しかし、再構築に取り組み幸せな時間を取り戻すのは、決して容易なことではありません。

妻との再構築は苦渋の決断でもあります。

した側、された側も「もう一度夫婦仲を良くしよう」と、頭の中ではわかっています。

ところがされた側は、その心の傷は、いつ癒えるのかも分からず、『苦渋と安堵の一進一退を繰り返し』ます。

いつ解放されるのかなんて事は、周囲の人は勿論、『自分でもわからない。』

なのに夫婦生活や家族関係の中に自分の居場所はあり、『自分の心になんとなく仕方無いと折り合いを付けて上手に付き合って行く必要があります。』

「復縁する」とか「離婚する」と、口で言うのは簡単なことですが、本当に精神的労苦は大きなものです。

それは、“全てが一変していくからです”。

この変化は、直面した方にしか想像できないのですが、精神的疲弊もありましが、中でも経済的不安は大きかったりもします。

妻との再構築で目指す得られるものとは

再構築をすることによって得られるもの、それは・・・

◆今までの家族生活へと戻る

妻と子供との毎日の生活を取り戻す、これが皆さんが一番に希望なさると事ではないでしょうか。
妻の反省が無い中で、夫婦関係の回復が無しえるのか。 本当の意味での再構築と言えるのかと云う問題は残りますが、不倫の証拠と相手を知る事により、離婚を拒否し、ひとまずの再スタートを切る事は出来ます。
本当の関係回復は、妻の反省と共に、夫の気持ちのすり寄せや反省も必須。そして夫の心の傷の回復も重要です。
時間がかかる事は覚悟して取り組むべき処でしょう。

◆経済的な心配がなくなる

慰謝料を取る側ではあっても、慰謝料だけでは、生きていけません。
妻が新んを取ったのならば養育費の支払いも出て来ます。
子供のためのお金とは理解しているものの、妻は男と会っている可能性がある訳で、何に使っているのか分からないお金を払い続ける事は苦痛でしかないでしょう。

◆比較的自由な行動ができる

した側が反省し、優しくなったりする家庭も多いと思います。
それも一時的なケースも多いですが
ストレスを発散する意を以って外へ目を向けるのも夫婦間の良い緩衝材になるとも言われます。
趣味を持つ、友人に会いに行く、それだけでどれだけ気持ちがリフレッシュできる事か。
例えば浮気の代償として「月のおこずかいアップ」「月に一度、1人で自由に過ごす日を設ける」といった約束をする夫婦もいます。
不倫の辛さを乗り切ることで、自分の日常生活が楽になるということもあります。

◆社会的立場のあらぬ噂の回避

離婚したら、親、職場関係、友人に伝え、ケースによっては、理由も話さなければなりません。
人によっては、勝手な憶測をされることもあります。
最悪の場合、あらぬ噂を立てられ、引っ越しや退職につながっていく可能性も出てきて、精神的な二次被害を避ける事さえあります。
子供の学校でも「離婚なさったそうよ」なんて噂話は直ぐに回ります。
旦那さんは単身赴任中なんて言い訳してもなぜか直ぐにバレて、噂から子供が真実を知るなど可哀そうな事です。

◆子供の安定につながる可能性もある

浮気・不倫は絶対に許せませんが、その前に子供の父・母です。
上述に通じますが、子供の事を考えずに離婚してしまうと、子供の心に大きな影響を与えてしまいます。
子供の事を考えて、今はガマンする。という気持ちで、夫婦が手を取り合い再構築を図る事が出来れば、1つの目的へ向かう協力関係が好転する事もありますし、子供を不安定にさせることはなくなるものです。

再構築するとなると、根気と長い時間が必要になってきます。
ご夫婦によっては、以前よりもふたりの仲が良くなった。という方々もいます。

“もう一度幸せな時間を過ごすには何が必要なのか?”
“どうすれば家族の絆を取り戻せるのか?”ということを2人でしっかり話合えば、良好な関係に戻れる可能性が高くなってきます。

良好な関係に戻るまでには、精神的に辛い時間を過ごすことも多々あると思います。

最近、Nさんとお話した際、こうお話しくださいました。

再構築をすると決めた段階で、もう一度パートナーを信じることが大切ですが、過去の経験からどうしても、疑ってしまう自分がいます。

過去の事を急に思い出し責めてしまい、夫から逆ギレされることもありました。

それでもストレスを溜めないよう『言いたい事は言う』と云うスタンスを取り続けて今、最近は、お互いの気持ちをしっかり伝えることが出来るようになり、お互いを前よりも少しは理解出来るようになって来た気がしています。

そして、お互いのスケジュールを公表し、把握できる環境にしているので、「相手がどこにいて何をしているのか?」という疑問も、それを見れば解消されてます。

もしそこにウソがあればと云う不安も、時と共に信じ得て、不安も遠退いて行きます。

小さなことでも、感謝の気持ちを伝えるようにしていて、最近は、一緒に料理を作ることもあるそう。

そうです。
苦しみを乗り越えるのは簡単ではありません。

しかし、離婚という選択肢しか残されていないのか?ということをもう一度ご夫婦で話し合ってみましょう。

この辛さを乗り越え、深く分かり合えたならば、もっともっとお互いを理解し合える関係。

誰よりも相手を理解する事が出来る『親友』『戦友』のような夫婦へと成り行くのかも知れません。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。