探偵事務所の夜間の暗視カメラの性能について

探偵事務所の夜間の暗視カメラについて、皆様はどのようなレベルにあるとお考えですか?
当探偵事務所が所在する福岡市は、比較的、どの場所も明るく、暗視の専用のカメラが無くても、問題なく撮影出来るカメラを通常使用しています。
ビデオカメラ自身のセンサーが大きな、テレビ局等でも使用する高額のカメラを個人が持ち回りますので、薄暗い駐車場レベルでしたら、車内まで普通に撮影が出来ます。
では、福岡市内を出て、地方都市での調査となればどうなのか。
やはり街灯等ない場合は、厳しくなります。

同状況で、車内で面談や不貞行為に及んでいる等となりますと、赤外線カメラで照らして撮影します。
近年までは、車輌のガラス面を通す、高出力の赤外線を利用していましたが、近年では、技術も向上し、そこまでは不要となってきました。
今回は、赤外線カメラでの撮影はさて置き、暗視カメラのみでの画像についてお見せしたいと思います。

まずは並べて比較。
上が、目で見えている暗さで、下が暗視利用時です。
目よりも明るいレンズとカメラ特性で、ここまで明るくできます。
まずは静止画から。

探偵事務所の暗視カメラの見え方比較 探偵事務所の暗視カメラの見え方比較

探偵事務所の暗視カメラの見え方(目視の明るさ) 探偵事務所の暗視カメラの見え方(目視の明るさ)

探偵事務所の暗視カメラの見え方(暗視カメラの明るさ) 探偵事務所の暗視カメラの見え方(暗視カメラの明るさ)

 

随分、明るくなりました。
福岡市博多区の港湾部の深夜です。
釣り等なさる方は、御笠川加工付近の暗さがお分かり頂けるでしょう。
静止画も固定すればブレが出ませんが、同カメラは手持ちで不通に撮影してブレが出ません。

静止画は分かった。では動画ではどうか。

だんだん明るくなってきます。

同じ静止画の港湾部。倉庫側と海側です。

ホームページ用にかなり画質を落としてます。ご容赦ください。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

うちの地域で探偵事務所が調査したらどの程度撮れるのか?と疑問がございましたらどうぞお尋ねください。

浮気調査 福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。