探偵事件簿 探偵事件簿

40代、不倫に走る浮気夫たち|探偵考察

浮気夫や不倫妻が、不倫し始める年齢って、多いのは30代後半から徐々に始まり、40代後半に向け加速して行く傾向にあるように感じます。

タイミングからすれば結婚して10年、子供もいて家庭ではすっかり置いてけぼり感のある夫、妻との関係も空気みたいな存在となって来る頃でしょうか。

夫婦も信頼し合えれば、安泰と云えるでしょうが、母親となった妻に対し、夫はいつまでも男のままで、生物としての性が邪魔をしたりもする。
結果、よそ見して軽率な行動を取る夫もいるもの。

年齢的にも子供が小学生となり、妻にしてみれば、子育てに必死で来た訳で、夜の生活なんてのも子供と一緒に寝ちゃってるって事も多く、求められてもイマイチ気が乗らないし、気が散るしいちいち面倒くさい。

妻は正直、外で勝手にやってくれてる方がイイくらいの感覚だったりする方も、本気では無くともそうお考えの方がいたりするものかも知れません。

こんな感覚も、結局、本気で不倫し始める夫の姿を目前にすると、ヤバいと感じ始める訳で、夫婦間もあまりに無関心過ぎるのは良く無かったって事に気付くでしょう。

この30代後半から40代にかけて、夫は社会的には安定して来る頃で、所詮不倫ですからモテ期とまでは言いませんが、部下も出来、仕事も順調、収入も上がって、遊び心に火が付くって浮気夫がいたりします。

なんとなく女性から好意的なお声がかかるようになって行く年代。
積み重ねて来た経験や金銭的余裕。
それに家庭もあるから女にガツガツしてない余裕ある態度。
会話も弾んでアドバイスも的を得てる。

職場の部下だったり、同級生の女友達だったり、たまたま飲み屋で横になった女だったりと。
それでも若すぎる女では無く、経験済みで落ち着いた男を求めてる女性や主婦たちが寄って来たりする。

結局、夫自身が求めてるからそう進んで行くとも言える訳ですが、どうもこれまでとは感じが違って、自然と上手い事関係が進み行く中、「俺ってモテ期かな」なんて思ってたりする。

家庭もある。子供もいる。
とは思いつつも、目前の女から感じる熱い視線に、はじめは抵抗しつつも、結局は心奪われつい引き寄せて関係してしまう浮気夫。

興奮冷めやらぬ中、湧いて来る感情は後悔よりも、未だにイケてると勘違いする感情の方です。

ここでハッと気付いて不倫を止めてくれればいいんですが、真面目な夫ほど不倫相手の女にのめり込み始めます。

不倫相手の女が手練れならば尚の事、気持ちをかき乱して夫を夢中にさせればさせる程に快感を覚えるのか、どんどん夢中にさせて行きます。

こうなって来ると性質が悪い。

家庭を顧みる余裕なんて無くなって、バレようが何しようがお構いなしで女へ向かって突き進みます。

家族への責任なんて頭には一切無く、年甲斐もなく女に溺れて行きます。

妻して、夫と女の関係を切ろうと動けば暴れ出し、『離婚』を口に出す始末で手に負えません。

ここまで来る前に阻止しなければならない訳ですが、毎日の忙しさを理由にして夫を放ったらかしにしておくと、手遅れ、後戻りできないって処まで進んでしまったりするから注意が必要です。

相手の女も、妻がいようが子供がいようがお構いなし。

むしろ既婚の男ばかりを狙った性悪もいたりして、ガチャガチャにしといて狂ったままに放置して次の男に進んだりする輩もいて、浮気夫は寝ても覚めても女へ夢中な状態に洗脳されると、情けない処、離婚してまで追いかけたりする場合だってあります。

妻もここまで来ると取り返す気にもならないって事もあるでしょう。
信用ならないし、人としてどあかなって思い出せば、こちらから願い下げで、離婚を叩き付ける事もある。

とは言えです。
そうなる前に停めなければならない。

ついつい「そのうち帰って来るよ」って自称有識者の謎の言葉に乗っかって待ちわびるなんて方もいますが、良い事なんて絶対ありません。

それで帰って来るのなら、2秒に1組なんて言われる離婚率はもっと低いでしょう。

後悔しない選択、元の家庭生活を取り戻すためにも、最善の対策を取る事。

それがいかなる方向に向こうとも、ご自身のためにも、そしてお子さんのためにも、出来るだけ豊かに安心して暮らせるよう対策を取り、リスクを減らす事。

そのお手伝いを我々探偵事務所が皆様と共に、問題解決に向け尽力する事が出来ればと願っております。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。