親は離婚をすすめて来るけれど・・・

本日は、探偵さんの重要な業務の1つである報告書作成に取り組む中、夫の浮気調査で現場へ緊急出動となりました。

報告書ってとにかく重要。

どんなに目で見てたって、口で行ったって証明にはならないのですから、言い逃れが出来ない角度から監視し、撮影し、事実関係を明らかとする書面を以ってお渡しする事が大事になって来ます。

裁判などで判断されるにあたって証拠を書面で提出する所謂書面審理主義って事に照らして、動画等のデジタルデータよりも書面が大事になって来ます。

最近、依頼人様方から言われるのですが、お渡しする不倫現場の写真へのコメント。

「こんなに真正面から撮ってバレて無いですか?」と聞かれます。

勿論、適当に撮っているのでは無く、上手に撮れるよう工夫し、細工し、こちらに二人の顔が向くよう誘導してって言う色々な努力の結晶な訳です。

浮気・不倫の調査ならば、2人の写真を正面からガッツリ撮りたいし、見たいって依頼人方のお声もあって、ご要望にお応えし続けた結果ですが、見たい見たいと思われつつも、実際に対象者の目線がカメラに向いている写真を見た依頼人方の大体の方が『大丈夫ですか?』と言われるこの言葉、今回も言わせ得たと段々クセになって喜びになりつつある探偵さんです。

えぇ、勿論、大丈夫、そんな発覚なんてヘマはやらかしません。

さて本日は「親は離婚をすすめて来るけれど・・・」がテーマです。

依頼人の皆さんの中には、浮気の事実を疑い始めた段階で、親兄弟や友人に「おかしいんだけど」って相談する人もいれば、
誰にも相談できないと一人で抱え込んでる人もいます。

はたまた、自分の親にも、相手の親にも、後から言うかどうか考えるって場合もある。

親に言ってしまえば、心配してくれるし、気も楽になるって事は分かっていても、言った事によって、浮気夫や不倫妻がそれを知れば義父母になる実家への出入りがし難くなる。

そして、離婚へ一直線って事にならないかって事を心配する事もあって、とりあえずは一人で抱え込む事を選ばれる方も多い。

親の人柄によっては、血相変えて怒鳴り込んで、どうするつもりだと詰め寄りかねない。

黙って見守ってくれるような親じゃないって場合も、相談できないって事もある。

だから、母親にだけ相談って事もあります。

夫の浮気ならば、妻である娘に、「そんなヤツとは別れて帰って来い!」って逞しい父親もいたりして、「お前と孫くらい食わせてやるからな!」って生き生きし出したりって事もある。

離婚後の生活不安は多少緩和されるかも知れないって事を思えば、頼もしい応援団になるもの。

でも本当は、「どうにか離婚せずにうまく解決したい。」って方が本音だったりするものです。

本当は離婚したくない。

でも家庭を顧みるどころか、帰って来ない事も屡々の今日、どんどんエスカレートして行っている様子を見ると、無理なんじゃ無いかって事は薄々感じたりして。

親に言われる言葉って思いですよね。

「別れて帰って来い」って言葉。

簡単に言って来ますが、それは優しさの裏返しだったりするものです。

とにかく、苦しんでいる娘や息子の姿を見ちゃおれない。

早く解決して、笑顔に戻してやりたい。

それだけの事で、まぁ、先の事はさておいて、取り敢えずは今の窮地から脱してやりたいって処でしょう。

後の事は必死に私達が支えてあげるんだって親の想い。

要するに、簡単に言っているようで、「離婚しろっ!」て言葉は簡単には言って無いんです。

浮気する娘の夫の姿を見て、子供の話しや言い分を聞いて、どう考えても浮気を止めるよう説得するより、娘をこの男と離婚させて新生活をスタートさせる方が現実的なはずだって考えているでしょう。

溺れて息が出来ない子供を見て、命を投げ出してでも救おうって親の心境。

人の親となった浮気サレ妻、浮気サレ夫ならば良く分かる事でしょう。

そっと見守ってくれる両親も、うるさい程介入して来る両親も、子供の幸せを願う親の気持ち。

同じように一緒になって戦ってくれてるんだなって思いつつ、問題解決に向け、確り取り組んで行きましょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。