自分の落ち度は内緒で離婚したい浮気夫たち

浮気夫の家族に対する態度、特には妻に向けてですが、浮気相手との不倫関係も深くなって来ると、だんだんと顔に出て来ます。

何も無いのにブスっとしていて、ちょっと気に入らない事があると、グチグチと圧を掛けて来る。

顔を見ると鬼の形相を向けて来たりと「ホント恐い顔」してますよ!
と言ってやりいたいです。

調査対象者の写真として、浮気夫や不倫妻の写真を探偵さんがお借りする事もしばしばだった時代(今ではメールなどデジタルデータです)、家族全員で写るホント素敵な写真などをお預かりしていたものです。

それがなんであんなに変わっちゃったのか。

本日のテーマは「自分は何も悪くない、落ち度は無いって体で離婚に持って行きたい浮気夫たち」です。

浮気して離婚って流れの中で「大事な人ができた。」「私が悪いの」って、半ば認めつつ正々堂々と離婚しようとする浮気夫、不倫妻も少数ながらいますが殆ど稀少。

しかし、どうしても許せない浮気夫、不倫妻ってのはいるものです。

いえ、勿論、どれも許せないんですが、その中でも調子の良い極悪なのがいます。(怒)

浮気をしているのは知ってた。
薄々気付いてた。
でも、そのまま触れずに今。

もしくは、全く浮気の「う」の字も気付かずに今なのか。

今回は浮気夫を抱える妻側のスタンスで書いて行きます。

そんな折、急に離婚や別居をせまって来た浮気夫。

勿論、理由は『すべてお前が悪い!』
妻の非をある事無い事すべて並べ立てて来る。

自分自身は悲劇のヒロインのつもりか、
『こんなんじゃ離婚しても仕方ないよね』って言って欲しいのか、
とにかく周囲の同情や理解を得ようとします。

信じてたのに、なんて言葉は通用しない。

用意周到に攻めて来て、もう自分方の父親母親なんかも巻き込んだ風で、
『もともとうちの親はお前の事気に入らなかったんだ!』なんて暴言を平気で吐いて来たりします。

ここまで来ても、やっぱり浮気している事に気付かないって人もいます。

『ホントに私が悪かったのね』なんて思い始めて、反省まで始めてしまう浮気されてる側のお人好しな妻。

妻にとっては急な離婚要求、別居要求ですが、
浮気夫にとっては急な話では無い訳です。

いろいろ計算して、離婚を切り出すタイミングを虎視眈々と狙っていたんです。

妻にしてみれば、ドカーンといきなり雷が落ちて来たとでも言いましょうか、すごい衝撃です。

かなり焦って、強引に離婚へ持って行こうとする夫を目にします。

そう言えばって処で、『女でもいるの?』
って聞く、いえ問い詰め方や聞き方は様々ですが、それとなく促すと、帰って来る答えはこれは皆さん共通。

いや、うちの探偵事務所だけだとか、日本だけだとかじゃない、世界共通なんじゃありませんか?『それはない』『浮気なんて断じてしてない』
そして不安になっての
『なんてそんな事聞くの?』
って流れと云うかワールドワイドなパターン。

終いには逆ギレし始めて、何をもってしてないって言い張ってるのかって話です。

こんな、自分は良い子ちゃんで何も悪くないってスタンスの浮気夫と今後も続けて行くのかって悲しい思いもありますが、ここは後悔の無いようにしなければいけません。

鬼の形相で攻めて来る浮気夫。

その後ろでニタニタと笑っている不倫相手の女。

なんとか隠し遂せて有利に離婚しようとしてる輩を、表に引っ張り出してハッキリさせて参りましょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。