探偵考察|結婚35年目の夫婦に訪れた夫の不審な行動

探偵・福岡事務所、帝国法務調査室の赤崎加代子です。

夏が終わると、一雨ごとに涼しくなると言われていますが、皆さま体調管理は大丈夫でしょうか?

四季がある我が国では、秋になると、人恋しくなると言われています。

コロナ渦の今年は、様々なイベントが中止や縮小されて、寂しい秋になります。

スポーツ観戦、コンサート等を理由に、浮気相手を連れて、楽しんでいた、浮気夫や妻が多いのもこの時期でした。

人が人を恋しがる事は素晴らしいことではあります!

夫が妻、妻が夫、恋人同士、又は故人を恋しがるって、本当に良い事ですよね。

しかし、勘違いしている、愚かな浮気夫や妻がいるのは事実。

ご夫婦問題でお悩みの方々の中にも、お話をお伺いしていると、浮気の問題をお抱えではあるものの、夫や妻を本当に愛していらっしゃる事が伝わってくる事があります。

今世、毎日のように事件・事故の二ユースが流れてきます。

悪い大人ばかりが目につきますが、大人にも、世間ズレ、人ズレしていない純粋な大人達も沢山います。

恋愛〜婚姻 、十代から数えると35年、夫だけを信じて来られた良き妻、良き母親である奥様からのご相談でした。

過去事例です。

『この歳で、初めて夫を疑ってしまいました。』

偶然観た、夫のカバンの中に女性の名前が記された淡いグリーン色の封筒。

封筒の中身が気になりながら、絶対にダメと悩みつつ、心の葛藤すること一日。

翌日、夫カバンの中を覗くと、封筒がありませんでした。

あの手紙は誰からだったのか。

直接、夫に聞いても、正直に言うはずがない。

はぐらかすに違いない。

この時から 夫だけを信じて共に生きていた奥様でしたが、その後何をされても疑心暗鬼になってしまったそうです。

このままでは私がダメになってしまうと、ご相談に来られました。

あの手紙は、何処に行ったのか。

もしかして、夫に秘密の場所があるのかも知れない。

お手紙の中身をお調べする事は出来ませんが、ご主人様の行動をみられてはいかがですか?とご提案差し上げました。

ご主人は、お仕事で月一度、出張の日があるビジネスマン。

出張先は九州管内。

今では送り出していたその出張の日程も疑いの対象。

出張時に調査を実行となりました。

結果はやはり黒。

出張先ではなく、とあるマンションの一室に出入りする姿が確認されました。

相手女性は大学時代の同級生。

同時にあの手紙の差出人と同一人物でした。

信じていた夫に裏切られましたと、まだ事実を受け入れられませんとその場で泣き崩れた妻。

人が人を傷つけて、平然としている浮気夫や妻達へ、もう一度立場を変えて考えて欲しいものです。

全てを知った上で、妻は夫にそれとなく質問。

夫は嘘をつくのか、正直に話すのか。

夫の口から正直に話して、謝罪があれば、許す気持ちでいましたが、保身や相手女性を守る言動があったと言います。

今後の夫と不倫相手の女性に責任の追及を徹底することを決めれたのでした。

その後、街中でご夫婦のお姿をお見かけしました。

お二人のお姿から、きっと、しっかり向き合って修復されたのでしょうね。

そう思われるお二人の姿でした。

私達も安心したものですが、その時の事が思い出されます。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。