浮気調査の結果と愛人との子供・婚外子

お子様の運動会が行われた日に毎年来ていた夫が来ない。

当探偵・福岡事務所の探偵さんだって休み取って迄行く子供の運動会。

あれだけ子煩悩なはずだったのに『仕事だよ!』って言って出て行った夫。

不審な行動に悩まれて「先ずは相談だけでも大丈夫でしょうか」と声を震わせながらお電話してきた奥様を思い出します。

お話するうち少しずつ落ち着いて来られた様子でした。

結果は、浮気夫には、不倫相手の女性との間に子供を産うけていたのでした。

もうこれはショック以外のなにものでも無い。

7年前に生まれた婚外子が小学校に進学。

せがまれて運動会へ応援のため参加していたものでした。

浮気問題のみなら解決に向けて動く事が出来ますが、生まれた子供に罪は無く、どうする事も出来ない訳です。

こんなご夫婦間の問題が、1日や2日なんかで解決するはずがありません。

別のケースでは、婚外子がいながら掛け持ちで応援。

お子様の運動会当日、夫がソワソワしている様子に「どうしたの?」と奥様が声をかけると「なんでも無い」とトイレに駆け込んでいかれたそうです。

「お腹でも痛いのかな?」と思い、そのまま義理両親が居る応援席の戻られた奥様。

運動会のもう一つの楽しみ・家族そろっての昼食を終えた後「急用が出来たと」出かけたご主人様の帰宅は深夜だったそうです。

翌朝ご主人様を問い詰めると「会社の上司に呼ばれた」と答えた夫の顔は、妻の勘で「嘘」だと見抜かれました。

胸のモヤモヤを晴らしたいですと調査依頼されたました。

浮気調査・不倫調査の結果は黒。

不倫相手との間には、浮気夫との間に生れた子供がいたのでした。

「おそらくトイレに行ってたのは、相手にも仕事で行けないってウソついてたんだと思います。」と奥様談。

その後夫婦で話合われ、夫とは離婚なさらず、不倫相手の子供へ養育費を妻が送金すると云う実に不本意な形で決着を見られたのでした。

「お子様の為にも改心すると約束してくれました」とお聞きしてから数年後の奥様からのお電話。

浮気夫の浮気癖はなかなか治らなかったりします。

「もう浮気はしないはずと信じて前向きにスタートしたのに」

「どうしても不安が取れない!つい夫を叱責してしまう自分に夫から「何時までも!しつこい」と言われる。」

「私,やっぱり離婚した方が良いのかも」と悩まれ病んでしまった奥様方。

発端は夫の浮気ではありましたが、胸につかえたモヤモヤを吐く度に夫を責め、結果、自責の念にかられる事となられ、あわや鬱病になるんではないかと云う危機的状況となりかねません。

叱責したり、離婚を悩まれている間は、悔しいかな実はまだ夫へのに愛情が残っているはずです。

色々あってもそこまで来ていればきっと乗り越えられるはずです!

調査後苦しみ、悩まれる皆様と共に、最後まで解決に向け寄り添いながら取り組んでいきたいと思っています

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。