浮気調査の結果、シロであって欲しいと願う探偵さん達

もう博多駅ではクリスマスイルミネーション一色です。

「博多駅前」を通過中に撮影したのですが、実に美しいですね。

さて本題「浮気調査の結果、シロであって欲しいと願う探偵さん達」が本日のテーマです。

たくさんの浮気調査・不倫調査にたずさわる探偵さん達ですが、浮気調査に入る前、依頼者方々のお話しを聞き、極めて黒であろうと思いつつも、実際には「シロ」であってくれればと願っているものです。

依頼人が、当探偵・福岡事務所にご相談にいらっしゃる時点で、浮気の疑惑はマックス。浮気してると確信をもっていらっしゃる。

しかし、シロであって欲しいと強く願う場合もあります。

そのケースは2つ

1つ目、それは、依頼人が「クロではなく、シロであって欲しい」と心から思っていらっしゃる場合です。

勿論、浮気なんて無い方が良いんです。

シロに越したことはありません。

シロであったとして、「シロでよかった」と思う反面、「いや、ホントは黒なんじゃないか」と疑う気持ちがくすぶってたりして、どっちなんだって心の葛藤が続きます。

シロだったけれども、実はクロなんじゃないかって思い、浮気夫に向き合って生活を続けて行く事は非常に大変な事だなと感じるものです。

でもシロは白だし、クロは黒、その真実を受け止めて行くしかありませんよね。

基本的には、クロなんじゃないかって疑いの中で、証拠を取るために調査をお受けします。

これって浮気してないんじゃないか、「シロ」なんじゃないかってハッキリ思う場合は浮気調査依頼をお受けしていません。

基本は、クロであると信じて、それを証明するために全力で取り組みます。

そして2つ目は、浮気調査の再調査依頼です。

あれだけ大変な思いをして夫婦二人で話し合い、再出発を決めたのに、もしかしたら前の女との浮気が再発してるんじゃないかってケースです。

そもそもが疑わしい。

態度が冷たく感じただけで、
「実は浮気相手の女(男)とまた会ってるんじゃないか?」
「別にもう一つスマホ持ってるんじゃないか?」
「本当に終わったのか?」
って疑念が出て、あやしいって思い出したら気が気じゃない訳です。

ですので、過去に浮気があってクロだった方からの再調査依頼って結構あります。

「二度目やったらこんなもんじゃ済まないからね!」って、本人と不倫相手にしっかり約束させての再出発だったのにって事になると、もう立ち直れないですよね。

もう依頼人に繰り返し繰り返し傷付いてもらいたく無いと云うさびしい気持ちってのもあります。

基本、依頼人の方たちとはずっとお話しして結構仲良くなりますから、ぜひ元気を取り戻して欲しいって気持ちで再調査依頼を受ける訳ですが、同じ相手と不倫される結果なんてあまりに辛すぎます。

であっても、厳しい制裁を与えて再出発って方もいらっしゃってて、実際、10数年のお付き合いの方もいらつしゃるんです。

シロであって欲しい!でもクロならギャフンと言わせたい!って心の葛藤があるものです。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。