探偵事件簿 探偵事件簿

浮気調査の依頼タイミングで知る離婚心理を占う

昨日、漸くうちの探偵さん達全員で、新年のご挨拶としてお神様へと御祈願へ行って参りました。

あらためまして本年が、ご依頼の皆様にとりまして幸多いものとなられますようお祈り申し上げます。

家庭平和を祈願 福岡市東区箱崎宮|探偵事件簿-福岡

 さて、年末から浮気調査のご依頼、正直申し上げて大変込み合いました。

年末どころか正月も確りと密会してくれた浮気妻・不倫夫の皆さん、新年早々から地獄の始まりです。(爆)

冗談はさて置き思うのですが、年明けから浮気調査依頼も頂いておりまして、浮気調査依頼のタイミングから今後をどう進めて行くべきなのか、悩まれつつも、実は自ずと答えは出ているものだなと感じさせられる事があります。

要するに年末までにチャンスがあれば結果を出して答えを出す事を優先したい方、年明けに確りとチャンスを探って答えを出す事して行きたい方、どちらに傾注するかによって、多少の心理のぶれが占い得ると云う話。

年末までに調査結果を出したいと云う妻達は、こんな状態で夫の実家へなんて帰りたく無いし、とても機嫌なんて取れないし、笑顔すら無理だから、年明け前の年内に決着を付けて、年末年始は実家に帰らず自宅や自分の実家で過ごしたいと云う気持ちがありありと表れています。

そのお気持ち、非常に良く分かります。

只でさえ、夫を責めたい気持ちで一杯にも関わらず、実家に帰れば実状を知らないお姑さんや、将又小姑までやって来て、嫁扱いされて接客させられるなんて事になればイライラも最高潮になって行きます。

「コロナの濃厚接触者になったからってウソついて帰りません。」って方までいらっしゃいましたから、お気持ちお察しする処です。

逆に、年末年始は穏やかに過ごして、挨拶もきちんと済ませてから本格的に事に挑んで済ませようと、実行の日程を年明けに確り決めて結果を出したい妻達は、確りと義父母さん、お舅さんとお姑さんプラス孫ちゃんパワーで回りをガッツリ固めて家庭生活を守りつつ取り組みたいと云う計画性があります。

浮気夫の実家に帰る派、帰りたくない派|探偵事件簿-福岡

不倫相手との差は家庭内にある訳で、妻としての立場を以って、身内を味方に付けて事に進む。

浮気の事実が発覚したら、確り妻の味方になってくれて、浮気夫を叱り飛ばしてくれるお姑さんなど、頼もしい限りです。

全てが計算通りに行くなんて事はありませんが、事を有利に進めるには好機を見定める事は大事です。

これまで共に外的と闘って来た味方であった妻、夫が、敵となっている現状、お辛い局面だからこそ、確りとご自身のポジションを固めて2024年を良い年にして行かなければなりません。

置かれた家族環境、家庭内は人其々千差万別で、どうご家族を含めて問題に対応して行くかを考える事は容易では無く、個別に慎重な判断が必要となる処、慎重な判断が必要となる処です。

この点、法律では解釈出来ない今後の行く末の相談については、弁護士さんでは難しいものでしょう。

夫婦での、家族間での話し合いをどう進めて行くべきか、人としての良識を以っての答えの出し様が重要となって来るでしょう。

お一人では不安。

しかし、数多の経験則を基に判断できる事となれば、皆様の力になれるのでは無いでしょうか。

探偵さんの調査は、結果報告書をお渡しする事が全てではありません。

50代からお姑さん世代のベテラン女性相談員や、この道30年の探偵まで、そして顧問としての専門家の法的解釈も含め、多くの専門家の意見を以って、「人生の答え」を見付けるお手伝いが出来るものと、皆様と共に真摯に取り組んでいます。

お困りの折、ぜひ一度、当探偵事務所へお電話頂き、無料相談などご利用の上お話し下さればと思いますと共に、皆様の問題解決の一助になれればと心より願っております。