浮気調査のご相談「こんなひどい夫・妻が他にもいますか?」

福岡市の探偵「帝国法務室相談員」の相談員、赤崎です。

ご相談時に皆様から「こんなひどい夫・妻が他にもいますか?」と問われる事が多くあります。

浮気に悩み苦しみ「誰も信じられません」「この世のどん底に落とされている気分です」と言われるご相談者様も、「赤崎さんに聞いて頂いて、気持ちが軽くなりました」と言われる事があります。

それだけ辛い中、一人抱えてこられたのだと、お気持ちを慮(おもんばか)る瞬間です。

長い時は2時間位お話になる方もおられます。

浮気した事のある人へなされた、とあるアンケートがありました。

・夫以外に気になる人が出来た
・夫婦関係がマンネリ化した
・寂しかった
・元彼と再会した
等と腹立たしい回答が並びますが、あくまでもアンケートです。

とは言え、当探偵へ浮気調査依頼される方々の中にも上記理由が良く見られます。

ある浮気夫の言い訳「夫婦関係がマンネリ化した」

言い変えると「女と畳は新しい方が良い」と暴言を吐いたようなもの。

畳は古くなったら取り換えるように、女房もとりかえると言う意味で捉えられていますが、
畳は常に綺麗に保て、よって女房も化粧させて綺麗でいさせろの意味が元来の主旨だと言います。

前者と後者では全く正反対です。

新しいもの好きな30代妻の浮気に悩む40代夫の例。

スマートフォンの新しい機種が出る度に変える妻。

子供が、妻の古いスマートフォンで遊んでる中「パパこの人誰?」と妻が知らない男性と写るツーショット写真が。

キッチンに居た妻は慌てて「会社の同僚だっ~て」と場当たり的な言い訳。

後日、夫が確認した際には、削除されていたのでした。

それ以来、妻への不信感は募るばかり。

子供の小学校入学を機に、パート勤務から正社員になったばかりの妻の行動は読めない事が多いと言われます。

浮気調査のご相談で当探偵・福岡事務所へ来社されたご主人曰く、あの日の妻の慌て方は「普通じゃなかった」とのこと。

ご相談後、一度見積もりを持ち帰られた後、後日、「やっぱり事実の確認がしたい」と浮気調査をご依頼にいらっしゃいました。

あの日に見た写真の男は30代の印象で、写真の背景はホテルではないかとヤキモキなさっていました。

調査実施日は
「○○さん達(女友達)と飲み会」
「子供達お願い」とラインが来た日。

予想通り、浮気妻は、写真の男性と、天神地区で飲食と云ったプチデートの後、そそくさとラブホテルへ直行していきました。

その後判明した結果で、浮気相手男性は、元彼だった事が判明したものでした。

偶然再会した元彼。

実は結婚後も、ダラダラと不倫関係を続いていた事例ら多くあります。

どの時代でも、元彼、元彼女とのこっそり密会する浮気は絶えず多いのが実情です。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。