浮気相手と別れたからと口で言っても、簡単には受け入れられない

浮気夫との話し合いによって言われるアレ。

逆ギレ的な苦言です。

聞けば浮気夫(はたまた浮気妻が)言うように、こちらにも悪いところがあったかも知れない。

浮気した側なのに、発覚した後になぜか調子付いて色々言って来たりするものです。

その辺りが、まだ浮気相手と続いてるって事を物語っていたりしますが、
当事者にしてみると浮気している理由がなんだったのかと真の理由を探しているものだから、つい自分自身を責めてしまったりするものです。

こんな浮気スパイラルから脱出しなければなりません。

本日のテーマは「浮気相手と別れたからって戻って来る夫(妻)、簡単には受け入れられない気持ち」です。

本日は浮気夫を持つ妻のスタンスでお書きします。

浮気していた夫、
正直に認めて謝罪する者も、
頑なに認めない者もいます。

話し合いの末、素直に浮気を認めた。
もう浮気相手とは別れる、終わりにすると言ったりする。
はたまた、涙ながらに謝って、家族を大事にすると土下座までする浮気夫なんてのもいたりします。

なのにどうでしょう。
直ぐに女とコソコソ密会してる浮気夫の多いこと。

そこはその場は本当に、女とは本当に別れよう、そして家族を大事にして共に歩もうと思ったのかも知れませんが、
それはその時の気持ちであって、
妻や子供など家族への単なる公言なだけで軽い。

ましてや女に向かって言ってる訳でも無く、女と顔を合わせれば、またズルズル行ってしまう状態になるものでしょう。

そんなパターンの浮気夫もいれば、
とにかく絶対に認めない、浮気はしていないと完全否定する浮気夫もいる。

少し問い詰めたら質問に質問で返して来た、
そしてガンガン責めて来た。

「浮気したのはお前のせいだ」と言わんばかりに責めて来ますが、その実、暗に認めてる訳です。

「そこまで言われちゃ一緒にいられない」
だとか
「もうお前とは絶対無理」
「怒りっぽいのが嫌」(誰が怒らせてんじゃ!)
「気持ちがない」
「一緒にいる必要が無い」
なんて言い張る、いえ、ほざいてる浮気夫。

はち切れんばかりのみなぎる自信を見せて、堂々と言って来ますが、
ウソです。

さらには、その責め句も嫌な処をえぐって来たりするもので、
浮気したのは自分にも多少の原因があったのかもと、
煙に巻かれて自分にも矢を向けてしまったりする真面目な奥様は結構多いものです。

勿論、反省って大事な事です。
こんな状況下でご自身を顧みる事が出来るって素晴らしいものだと感じます。

しかし、だからって、自分の至らない点、足りない処を改善しても、
浮気夫が女と完全に切れる要因にはなりません。

さらには浮気夫は、浮気した事実を突き付けられても反省する事は無いでしょう。

真に受けてはなりません。
それが浮気問題を解決する良い方法であれば、もっと多くの浮気された妻、そして浮気された夫たちが報われた事でしょう。

浮気は見て見ぬふりなんて出来ないし、
離婚もしたくない中、
どんなに夫や妻に気に入られようと接して、努力しても、
とち狂ってる浮気夫、不倫妻は、周りも見えず、何をやって努力しても空回りし続けるはずです。

とにかくです。

狙うは浮気夫(妻)だけでは無く、浮気相手にも照準を定める事。

どんなに話し合っても、改善や努力を続けても、相手が要れば結局は堂々巡りなんです。
とち狂って夢中になってる相手も表に引っ張り出して退治しなければ目は覚めません。

まずは浮気相手から引き離して、相手を遠ざける作業から開始。

相手がいなければ、失礼ながら戻るしかない。

とりあえずはそこからスタートするしかありません。

相手がいる状態では、夫婦をどうしようかなんて話をしても無駄、
相手の女とコソコソよろしく関係するだけの疑似恋愛に向かってる浮気夫(妻)を止められようはずが無い。

浮気相手をキッチリ退治して、遠ざける事、
そして今まで散々悩まされた浮気問題にキッチリ終わりを付ける事、
そこを経て初めて夫婦・家族関係の回復に向けたスタートラインに、
心穏やかに立てる事になるでしょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。