浮気妻との話し合い、辛い気持ちの夫、聞くほどにウソが見えて来る

当探偵事務所「帝国法務調査室」の大塚律子です。

本日のテーマは「浮気妻との話し合い、辛い気持ちの夫、話を聞けば聞くほどにウソが見えて来る」です。

パートナーの浮気を疑った時、感情に流されて問い詰めてしまうことがあります。
冷静でいられなくなってしまうものですよね。
特に、『自分の妻が浮気してるなんて!!』と否定もしたくなります。

しかし、浮気された側、サレ夫にとっては、辛い気持ちが重なれば重なる程、その事に思いが巡り、あらゆる事に考えを及ぼす訳ですから、
妻の言葉の中にあるウソ、そして本心なんてものは半ば透けて見える程、感じる違和感が耳元で「ウソだ」とそうささやくものでしょう。

奥様の浮気を疑って、ご来社された男性のお話し。
依頼人の言葉を通じてお書きして見たいと思います。

結婚して、5年、4歳になる子がいます。
お互いの職場の近くにあるワインバーで知り合い、
その後も何度かお店で合うようになり、話をしていくうちに仲良くなりました。

お互い一人暮らしで、 休日の過ごし方は「一人でいると寂しい気持ちになるから、誰かを誘って遊びに行くようにしている。」など考え方も似ていることもあり、休日にデートもするようになりました。

流れに沿うように結婚して、子供も産まれ、家族となる。

時々、子供のことで、些細な口論もありましたが、
順風満帆な結婚生活を送れている!と思っていました。

子供が保育園に通い始めたころ、妻は新しい服や下着を買うことが増え始めました。

「今まで、子供のことで手一杯だったけれど、少しずつ時間と心に余裕を持つようになり、自分自身に意識を向けられるようになった。」と言い、僕はそういうものかと思っていました。

ある日、妻から「ハンドバックを取って」と言われて、渡そうとしたところ、
バッグを落としてしまい、中身が散らばってしまった時に、財布、口紅やポイントカード
と、バッグに戻していると、コンドームが入っていて・・・

「えっ・・・」と思いながら、そのままバッグに戻し、妻に渡しました。

それからは色々なことが頭の中でかけめぐり、うわの空でした。

「妻の浮気」を疑いはじめた僕はとても苛立っていました。

その晩、妻に問い詰めたのです。

「さっき、バックの中にコンドームが入っていたけど、どうして?」

妻は、「お互い自分の時間が欲しいでしょう?だから、夫婦生活で使ったほうがいいと思って、買ってきたの。」と応えました。

明らかに変な言い訳です。

「それならば、前もって言ってほしかったし、寝室に保管せずにバックに入れているの?」

妻は、「忙しくて言い忘れてた」「あとでしまおうと思っていた」などと、
適当で、あやふやで、曖昧な答えを繰り返すばかりで、全く納得できません。

そのような発言を繰り返す妻は、間違い無く浮気しているなと確信しました。
と・・・

そのようにお話し下さいました。

妻は、
「浮気なんてしていない」
「離婚をする気はない」
「離婚をする理由もない」
と言い、妻の浮気に関して何の証拠も掴んでいないため、これ以上、話が進んでいません。

そこで、妻の浮気調査をご依頼下さったのです。

子供を保育園に預け、そのまま家とは逆方向に車を走らせる妻。
とあるパーキングに車を止め、近くのマンションへと入って行きました。
数時間後、マンションから出てくる妻を見送る男性の姿が捉えられました。
別日も同じパターンで会っていました。

ご報告です。
「やっぱり…。」
「普段と雰囲気も違う。」
「僕と出会った頃の感じです。」
「妻は、ドラマの主人公か何かと間違ってるようですね。」
妻と話し合います。

お話合いの中で、「あなたと一緒にいても(浮気相手である)向うの人の事が気になってしまう。」
と言ったのに、
「相手とは別れます。寂しかったの!」
「離婚だけはしたくない!」
と懇願してきました。

僕の気持ちは、
「離婚ですかね・・・。」
「以前のように信頼してやっていける自信がありません。」
「ただ、子供がまだ小さいので、母親が必要なので、どうしたらいいものかと…。」
お辛い決断になってしまいました。

人と会えば、一時的に寂しさは解消されます。

でも、根本的な解決にはならない場合も多いです。

浮気妻の言葉は、辛い側に立つ夫にとって、心の裏側、ウソを見透かす事にしか繋がらなかったのでした。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。