浮気夫・不倫妻へ誰それが見たとけん制する効果

不倫してる夫や妻へ、「Aさんが見てた」って事でけん制する方も多いと思いますが、多くの目的は離婚しない「不倫を止めさせたい」って事ですよね。

離婚するつもりの方でも、好き勝手にやられては気分が良いものじゃありません。

そもそも順番が違うってもので、浮気相手への慰謝料請求だったり、未払いの婚姻費用や財産分与の支払い、その後の離婚が成立するまでは自粛するべきだって考えもあるでしょう。

離婚するかしないかは別にしても、調停を申し立てたり、更に進んで離婚裁判に進んでても、コソコソ会ってる二人は多いもので、実際、調停中の奥様やご主人から浮気調査を良くご依頼頂き実施してますが、我慢が出来ないものなのでしょう、いや、制限される事から関係に火が点くのか、警戒は著しいもののなかなかの高確立で略々答えは出ています。

浮気調査をご依頼前の場合、浮気の兆候等を見たり、ご自身でホントに見掛けたり、友人知人から夫や妻が不倫相手と会っているらしき話を聞いて、「〇〇さんが二人でいるところを見たって言ってた!」って問い詰める方も少なくありません。

そうやって、浮気夫(妻)を認めようはずもありませんが、けん制した結果、返り討ちに合って、止む無く当探偵事務所にいらっしゃる。

しかし、この辺り、浮気を止めさせたいって事での行動ながら、どこまで効果があるのかって点では、プラス効果は全く無いのが前例です。

真面目な妻、正しい夫からしてみれば、そんな話が急に飛び出せば、反省して戻って来るって思われる気持ちは良く分かりますが、これもまた効果は期待できないでしょう。

この辺りは、より具体的な処まで話してようやく認めるかって処ですが、聞いた話し等で攻めたって折れる相手ではありません。

「見たやつがいるのら連れて来い!」って逆ギレの可能性だってあるでしょう。

浮気調査をご依頼後、証拠を得た場合ならどうなのか。

ラブホテルから出て来る浮気夫と不倫相手の女の行動はキッチリ把握しているし、証拠写真もある。

そんな中、『報告書突き付けてやります!』って、張り切って仰る方もいらっしゃいますが、これもお止めしてます。

浮気夫・不倫妻がシラを切った時の最終手段として取っておく必要もありますし、突き付ける事は相手が内容を知り、対策を取る可能性も出て来ますから、問題解決を長期化させない為にもそれは避けたい。

となると結果的に二次的な事しか話せないって点もあり、別れさせたいって事であって夫婦関係を続けたいと云う事であれば、探偵事務所へ依頼したって事は隠しておきたかったり、自身が見たって事で追い込みもかけられない。

となると多いのが、『何者かがラブホテルから出て来る不倫する二人のツーショット写真を撮って送りつけて来たってストーリーではどうでしょうか』って質問。

それは流石に同意できないし、結局、依頼人か不倫相手の夫(妻)かって話に進んで、怪しまれる事になる訳ですから、あまり意味が無いって事もあるし、強行された方から話を聞いても意外と効果が薄いんです。

離婚したくないって考えを持つと、不倫相手との関係を切らせたい訳ですが、一番の不安は『まだ関係が続いているんじゃないか』って不安の部分。

この辺りは正当な方法で相対して行くのが一番良いのであって、二度と浮気させないぞって強い意志で、問題解決に取り組まなければ、浮気夫も不倫妻も、浮気が癖になって、やり直す事になったとしてもまた繰り返す事になるでしょう。

やり直すにしても覚悟が要る事、確り認識して、ここだってタイミングで間違いの無い方法や我々探偵さんの知恵を以って、問題の根本的な解決に共に取り組みましょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。