浮気夫の不倫は終わっていなかった

車輌尾行でのとある夫の浮気調査

いつ女の家を訪問するか分からないが、とにかく訪問する時に必ず利用する駐車場は判明。

車を降りて徒歩尾行に切り替わった後は、どこかを訪問しているはず。

住宅街で只々散歩なんてあり得ない訳です。

仮に浮気してたとして、降車して訪問先へと入るまでにかかる時間なんて、ほんの3分程度の事。

車を追跡して、タイミングを合わせて尾行すれば、通常なら問題の無い調査。

警戒していなければの話ですが・・・。

しかし、今回は非常に警戒していて発覚の危険性がある。

何故なら、今回は過去に浮気調査で不貞行為を判明した相手。

今回で2度目の探偵による浮気調査

とにかく警戒心が非常に強い状態の浮気夫です。

直で訪問先を確認すると、二度と現れない可能性もあり、2段階で訪問先を確認したいと2ヶ月越しの待機でした。

結果、とあるマンションの一室を訪問した浮気夫。

カモフラージュカメラで無人撮影していたものですが、
深夜の3時に部屋を出て行った夫・・・相手は誰?ここには誰が居住しているのか?

今回のテーマは「浮気夫の不倫は終わっていなかった」がテーマです。

そのまま張り込みを継続した探偵は、翌朝、一人のスーツ姿の女性の外出を確認、お顔を撮影しました。

その時の声。

『あっ、あの女だ!』

そうです。

今以って同じ女と関係しているって根の深い関係。

以前は実家暮らしだった女は、実家を出て一人暮らしを始めた。

そこに引きずり込んで離さない不倫相手の女。

「やっぱりまだあの女だったんですね!」と妻は怒り心頭でした。

夫はあの時、「キッパリ別れるから勘弁してくれ」と頼みこみ、女への慰謝料請求を引っ込めさせた経緯があったにも関わらず、ふたを開けてみると依然、関係は続いてた。

ホントしたたかで、あくどい浮気夫、そして不倫相手の女です。

事を収めさせておいて、そっぽを向いてベロだしてるタイプ。

とにかくです。

浮気夫や不倫相手の女を中途半端に追い込んでも、結果、有耶無耶にされて陰でコソコソ密会されて、煙に巻かれて終わりってケース、ホント多いです。

「絶対、会ってない。」「まだそんな事言ってんの?」
そこまで言われると、この浮気してるんじゃないかって予感も、揺らいだりって事もあるでしょう。

でも実際には、夫はウソをついていた。

妻がそこまで「おかしい」って違和感を感じるならば、それはクロです。

浮気の再発防止って、徹底的に浮気の芽を摘んでしまわないと、浮気癖を持ってるダメ夫(おっと失礼)雑草のように浮気心がムクムクと生えて来ます。

そして浮気夫、離婚したくないって事だから性質が悪いんです。

「そんなに女と会いたきゃ離婚してご自由にどうぞ」って言えば、
『俺が悪かった』『離婚は考えてない』と言い出す始末。

そして女も女。
月に1回、2回程度。
ちょちょっと現れて、乗っかって、深夜にそそくさと帰る浮気夫をなぜ受け入れるのか。
なぜ関係を続けていられるのか。
ホント謎です。

都合の良い女扱いされていてても懲りない。

こんな浮気夫と、不倫相手の繰り返される不倫。

夫が浮気相手と別れたと言い張った後、いいえ反省したフリなのか・・・、
とにかく
なんか以前と違う、
なんかふてぶてしい、
自身たっぷりに嫌味を言って来る、
なんて事があれば、再燃を疑っても良いでしょう。

そんな簡単に騙されない。

目には目を、歯には歯をで、何度でも徹底的に追及して終わらせる。

離婚しないって決意したら、その覚悟で取り組んで、浮気の芽を根本から断って行きましょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。