探偵考察|浮気夫のずるいひと言、ズルいと迷う妻たち

探偵さんへの夫の浮気調査依頼、妻は相談員に『離婚するつもりです。』とハッキリ答えた。

もう我慢ならない。

離婚してやるとの決意で行動に移した訳です。

しかし、結果から言うとブレる訳です。

恋人が夫婦になって、子どもが産まれ家族になる。

当たり前の事ですが、決断には迷いが生じます。

女の事を突つかれて、「もう離婚だ!」なんてキレて来られる方が決心しやすかったりもする。

そこに向いて、調査の結果も出て、どうにか話し合いの場が持てたとしましょう。

繰り返しますが、そこで言われる一言が”冷たかったり”、”ヒートアップしてガミガミ”言い出せば決心も出来たかもしれないのに、言い返して来た言葉は、逆ギレでも謝罪でも無い、無口で黙りの態度。

謝らない夫。

黙り込む夫。

反省しているのかいないのかすら分からない。

なにをどう思っているのかすら推測が断たない。

『なんか言いなさいよ。』の言葉に対する答えは幾つもあります。

質問への質問返し。

「なんで浮気とか言うんだ!?」「誰が言ってんだ!連れて来い!」

これって、答えずに相手を探る論点外しの常套句。

白状するまでは時間の問題です。

他には、「絶対に浮気とかしてない!」って完全否定型。

しかし、徐々に情報を小出しにすると真っ青な顔。

いつホテルへ行った、女はどこの誰。

ここまで言うと、白状するまでは時間の問題です。

悪いとか、悪くないとかはさて置き、話し合いをしようとお考えの妻の根底は、基本的には夫婦をやり直す事を考えている方が多いものです。

心から離婚を望まれている場合は、話し合いの場面でも顔つきは恐いし無常、言葉も情が無い訳です。

話し合いでってスタンスは、『相手次第でやり直す事もあり』と、そうお考えな訳です。

そこで、話し合いの場で問い詰めた際、相手の反応を見て、今後の夫婦関係の在り方を模索する。

此の方地は、できればご家族は一緒の方が良い。

出来れば離婚はしないで夫婦円満にと云う考えには勿論賛成です。

しかし、判断できない。

考えが読めないってケースもある。

浮気夫と対峙した妻の多くが『ズルい』って答える回答はこれ。

『悪いとは思うけど、今後については俺が決める事じゃない。』

ハッキリと謝罪もしないし、別れたいとも言わないし、どっち付かず。

『ずるいと思いませんか?』

こう問われます。

確かにズルい。

しかし、根底は離婚を希望していないとも読み取れます。

口ベタで、能書きの多い夫に多いですが、自分の立ち位置は守りつつの出来る範囲での謝罪だったりもします。

そんな浮気夫を受け入れるか、受け入れないかは、妻次第でしょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。