浮気夫が別居希望は、阻止すべき

「お互い少し離れて暮らして冷静になろう。」なんて言い出した浮気夫の別居の進言。

浮気問題が勃発した後、色々言い合って神経擦り減らして、夫婦関係は確かに冷え切っている。

人によっては、浮気が表面化する前、なんだかんだと理由を付けて別居を押し切ろうとして来る夫もいるでしょう。

妻が悪いと、ごもっともな理由を言いまくって責め立てて来るどうしようもない浮気夫もいます。

この辺りは知らずに思い通りに操られてって事になり兼ねませんから、要注意でもっとアンテナはって貰いたい処です。

「飲食店やってて、飲んで帰る事も多いから大変だ」
「職場が遠いから通勤疲れ解消に」
なんて手で別居を誘導して来る方もいます。

確かに毎日、仕事が大変そうで、理解できる。
だからって、この辺りもちょっと甘やかしたら大変な事態になったって事だってあり得ます。

そう、浮気問題が多少怪しまれる中で急に出て来た
「部屋を借りたい」だとか「別居」なんてフレーズ。

とにかくシンプルに『あやしい』って思いませんか?

本日のテーマは「浮気夫が別居希望は、阻止すべき」です。

勿論、浮気問題が解決した後もそう。

夫婦問題も色々あったし、一旦お互いにリセットしたいから、なんて言いつつの別居。

これまで浮気問題に直面して来た後の別居希望の場合、これもやはり、夫との別居は回避した方がいいのです。

その後、別居先で女を連れ込んだり、帰宅せず女の家で半同棲なんて事、簡単に想像がつきませんか?

浮気夫との不倫問題で、精神的に疲れ、一緒にいる事が耐えがたい夫婦関係に陥ってしまったと云う方もいらっしゃいのす。

別居も1つの手段ですが、実家に帰ったり等、選択肢はある。

でもです。

夫婦関係を続けたいと希望なさるのならば、別居はNG、浮気問題を解決させる事が優先事項です。

離れて暮らす選択はなさるべきではありません。

離婚を希望なさるのではあれば、止むを得ずと云う場合もありますが、
仮に探偵さんの浮気調査で後に真実を明らかにって考える場合は、動きが全く予想ではないため、的が絞りにくい=費用が嵩むって事もあるため要注意です。

とにかく、夫が自由に女の所に行き来できる状況を与えてしまう事になる訳ですから、ここは踏み止まらなければなりません。

好き勝手、自由にしたいのを画策している浮気夫です。
生活費だの部屋だの与えてしまっては、ろくな事がありません。

浮気問題の解決を希望していながらぺきょする事は、問題を先延ばしどころか、解決が更に程遠くなってしまいます。

別居し、離れて暮らしていると、
殆どの場合、別居先からどんどん離婚の催促攻撃が飛んで来ます。

また連絡不通になったり、仕事には行ってるようだけど何しているのやら全く不明の生活、1ヶ月に1回会えればいい方って事になりかねません。

月に10日、浮気相手の女の家で寝泊まりしていれば、10:1でどんどん情も沸いて来るし、相手の思う壺でしょう。

もう一度言います。

離婚しないなら、別居はしない。
真実を知り対処する事、そして野放しにしない。

夫婦は山あり谷あり、家族は一緒に幸せを感じて暮らして行く。

「お金さえちゃんとくれれば旦那なんていらないわ」
そんなつぶやきが聞こえて来そうですが(苦笑)

とにかくです。一歩一歩乗り越えて行きましょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。