浮気・不倫問題解決に向け、どう向き合うのか

浮気調査の結果、知り得た真実の末、浮気夫・不倫妻が置かれた不倫の現状をどう見るか。

 

どっぷり浸かり切ってしまっている場合もあれば、浮気の芽を摘み取れる可能性もある。

放置する事は、暗に認めた事になるって事は繰り返し申し上げてきましたが、場合によっては我々探偵さんに相談の時点で後戻りは既に出来ない程、問題は進行していて根深いってケースは少なからずあります。

こんな浮気夫・不倫妻、また浮気相手に対してどう向き合うのかについて考えてみたいと思います。

本日のテーマは、「浮気・不倫問題解決に向け、どう向き合うのか」がテーマです。

探偵事務所の職員として、現場に従事して25年、依頼人である妻や夫の話だけでは無く、実際に不倫現場で不倫中の二人を見る事で分かって来る事はたくさんあります。

不倫している夫や妻の家庭での現状を依頼人を通じて知り、更には不倫相手の身元調査で現生活状況を知る事は、依頼人夫婦と不倫相手の現状から、様々な現状が見えて来ます。

これは、単にこれまで調査を続けて来て経験した内容に照らした推測では無く、事実に基づいて出て来る主観ではありながら、実態を良く捉えているものです。

多くの不倫現場の中で、広く浅くの場合もありますが、場合によっては深く、更には最後の結末までを繰り返し見させて頂いて来た中で、肌で感じて来た事であって、単なる予感ではありません。

それがご依頼の皆さんの夫や妻の不倫の関係の深さなど現状を知り、夫婦間での対処に大いにお役に立つ事があります。

浮気にも、軽症、重症とあるとして、皆さん、昔ながらの放って置けばいずれ帰って来るなんて言葉を信じ待つ方も実際にいらっしゃる訳ですが、今では女性の社会進出も華々しく、夫婦も共働きが多い今日、経済力を強めた妻が離婚を選択する事は実に容易くなって来ました。

言い換えれば、離婚が、気軽に簡単になった。

妻が夫を捨てる時代、と言えるものかも知れません。

夫や妻が、『おやっ?』と感じた時点で、既に不倫はかなり進行している事が多いもので、『最近おかしくない?』『スマホ見せて見て?』なんて声掛けをしたとしましょう。

あせって隠す浮気夫や不倫妻のあわてた様子を見て、「否定はしてるけど、絶対浮気があったな」と知る。

そこで、確り疑って、もう二度と無いようにって釘差しして、「騙されたつもりで一回信じてみよう・・・」って考える事もあるでしょう。

百歩譲って。

しかし、ここからが問題が悪化する。

より隠すように警戒して、一瞬、「問題は収まったかな?」と感じる訳ですが、実際には警戒が深まっただけで、より根が深くなってるだけって事、めちゃくちゃ多いです。

不倫していた事は、申し訳ないと謝罪。

悪かったって態度は示すけど、不倫相手と別れるとは限らないって事です。

白黒がハッキリしない内から、手綱をゆるめていては、いつか再び暴走が始まり兼ねません。

表向きはおとなしくして、白。

でも裏では黒。

この辺り、どっちなのかはっきりしない状態って事はありません。

グレーなんて色で据え置いていてはいつ終わるのかなんて計り知れない。

完全に白だって確証を得なければ、いつでも再発する可能性を秘めています。

浮気夫、不倫妻は、自分が色々避難されて、苦言言われて、疑われても、謝罪してなんとなく煙に巻いた位じゃなにもおもっちゃいないんです。

だからです。

夫の不倫相手の女、妻の不倫相手の男、を表に引っ張り出して来なければなりません。

そこまでやっても、不倫を繰り返す浮気夫、不倫妻は少なくともいます。

それほど浮気は簡単には終わりません。(勿論、証拠を突き付けてあっさり土下座&謝罪ってケースもありますが、要注意でいるに越したことはありません。)

再発しちゃう事ってある事を思えば、とにかく問題の終息までは手を緩めず徹底する事が大事だって事は分かって頂けたると思います。

とにかく、苦しいかな『またやるかもな』って事を念頭に置いて、問題解決まで徹底して行かなければなりません。

平穏無事なあきらめ生活、波風立てないで、お互い好きな事やってって生活を言葉にする人もいますが、そんな形はあるべき夫婦の形、家族の形からはほど遠いはずですし、いずれ崩壊します。

きちんと向き合って、問題解決まで共に戦って参りましょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。