浮気サレ妻が実はシテる側ってケース(浮気調査)

週末は例年の寒さになるようです。

皆様体調管理にはお気を付けてください!

被害者だった力士が、同じく暴力で加害者になった事件が報道されていました。

男女の問題でも夫の浮気調査の裏に、実は依頼人である妻の浮気が内在していたり、妻の浮気調査の影に夫の不倫が内在するケースも偶にあるものです。

「夫・妻に浮気されて」精神的、経済的苦痛を受けるなど被害に遭われたと言い、夫や妻を責め立て、誓約書迄書かせ、浮気相手に「慰謝料」の請求までかけ一件落着と思いきや、その実、裏では自身が浮気していたってケースは意外に多いんです。

夫や妻の浮気を理由に別居。

今日は離婚調停中にも関わらず浮気されたりしてたりってケースの話しです。

夫の浮気後、子供を連れて別居して半年。

妻からの離婚調停の申し立てがあったと呼び出しが届く。

夫は謝罪と今後「浮気はしません」との誓約書迄書いたにも関わらず「離婚?」。

何か別の理由があるのではとご相談に来られました。

別居中のお子様方から「ママ最近帰りが遅くなる事が多い」 「いつもスマホを触ってるし、男の人とラインしてる。」と父親である依頼人に情報が入りました。

調査部と検討後、先ず事実の確認をしましょうと「張り込み、素行調査」を当探偵・福岡事務所へご依頼され調査開始。

妻は婚姻費用を受け取っていますので、収入を抑える為数時間だけのパート勤務。

お子様が登校した後、パート先へ出掛けました。

パート先をお昼過ぎに出て来た妻の車の移動先は某マンション近くのコインパーキングでした。

対象者が向かった先は一人暮らしの男性宅と判明。

お子様からの情報「ママ帰りが遅い」との言葉の意味はこの事だったのです。

妻のカーナビ、スマホの記録などから別居前から関係があったのではないかと推測されました。

夫の浮気発覚は被害者面していた妻が実は加害者だったのです。

両親の浮気によって引き回されたお子様の事を考えると胸が痛みますが「パパも悪いがママも悪い」と意外と冷静な目で判断していることが多いですね。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。