浮気を隠して離婚を強行したい不倫夫(妻)たち

急に降って沸いた離婚の場面、色々な理由を言って責められた。

半ば当たってはいるものの、なんで急にって疑問。

結果的に追い込まれて、言われるがまま、自分に問題があったとして離婚した、いや、離婚させられたって人ってたくさんいらっしゃいます。

その中には、浮気の存在を隠して、上手に、そして安く終わらせられるよう、浮気夫・不倫妻に誘導されたってケースがたくさん埋もれているでしょう。

本日のテーマは『自分は悪くない、浮気を隠して離婚を強行したい不倫夫(妻)たち』です。

昔も今も、誰からも好かれたい、いい人って思われたい。

八方美人、まわりの皆にいい顔して上手に世渡りしたい。

そんな男女っているものです。

夫婦間の別れでもそう。

自分が浮気してる夫でも、妻でも、どうにか自分の浮気を隠して離婚したいと思ってる人がいる。

あわよくば相手が悪いって状態で離婚までこぎつけるのがベストだと思ってる訳です。

しかし、これまでの生活の中で、急に夫が、妻が、浮気を始めるなんて奇跡的な確率。

だからどうにか妻に、夫に、離婚したいって思わせる程に嫌われたい。

もしくは、些細な事でも取り沙汰にして、重箱の隅をつついて、普通に暮らしてた妻や夫に、『私が悪かった。この責任を取るって、離婚するしかないのかな』と、そう思わせて、そして言わせて、自発的な行動を期待します。

とにかく『離婚』って言葉を相手から先に言わせたい。

自分が離婚を推し進めたって思われないよう、向こうが離婚を言い出したと、そう予防線を張っての隠密行動を企ててる。

一応、目標は浮気がバレずに離婚。

そんな処です。

だから色々と文句を言ってきます。

『嫌だな』って思わせたいんだから、それはもう人でなしの言葉を並べ立てます。

これまで当たり前だった生活も会話も夫婦関係もすべてが、心労になる程、『昔から嫌だった』と言い出す訳です。

浮気夫ならば、妻の家事を突っつき出す。

部屋が散らかってるから始まって、飯の味がどうとか、帰ったらいつも寝てるとか、俺様が顔を出し始めた。

『もう無理だろ 。』

『もう一緒にいられない。』

『実家に帰れば?』

『夫婦は破綻してるよね!』

『仕事探したら?』と。

例えば子育て中で大変にも関わらず、一切手伝いもしない夫がです。

他には、実家の親の事も言い出す始末。

『だいたいお父さんもお母さんもおかしいよね。』うちの親もそう言ってた。

元からうちの親はお前のこと気に入って無かった。

そもそも結婚を反対してた、なんて言い出した。

真面目な奥様にしてみればもう胸が詰まる。

息が出来ない程驚くでしょう。

これまで当たり前だったのに、急に夫が苦言を言い出したのは自分のせいだ、と。

『そんなに嫌だったのね。』と反省までなさる訳で、改善に努めようとされます。

でもです。

それは違います。

何もかもお前が悪いって苦言は、実に際限が無い。

浮気夫、不倫妻の目標は、全て相手のせいにして、何事も無かったように離婚する。

それが目標なんだから、どんなに改善しても、色々尽くしても、終わる訳無いんです。

反省したって、気持ちをすり寄せようとしたって、「今」は意味がないんです。

そう、過去の反省は必要ですよ、どなたにも。

でも今じゃない。

今は離婚を言い出した本当の理由、根本的な原因を確認する事が急務です。

じゃあどうするのか。

そもそも、こんな自分から離婚は言わず、相手に言わせたいって浮気夫、不倫妻に多いのは、身内の目を気にするタイプです。

繰り返しますが、俺が、私が、悪いから離婚になったんじゃない。

向こうが一方的に、しかも急に離婚を言ってきた。

急に家を出て行った。

だから仕方なく。

ここです。

『仕方なく』離婚せざるを得なかった。

家族とのさよならを受け入れるしか無かった。

そんな哀れな男、ふびんな女を演出したい。

『大変だったね。』

『なんだったんだろうね。無茶苦茶だな!』

なんて言葉かけを欲しくて、迷走中のふりをしている浮気夫・不倫妻。

真面目でおかたい社会的評価が気になる関係の方が、こんな悪辣な計画を立てて、どうにか穏便に、楽に、悪いのは相手って事にして、離婚しようと奔走されます。

合間合間で不倫相手と密会しながら。

だからです。

この手合いは、バレると早い。

手の掌を返したように愁傷になる。

謝罪かはじまる。

ごめんなさいの嵐。

土下座までして懇願する『みんなに言わないで』のスタンス。

正直、人としてはどうかな?って思う場面ですが、実際ご夫婦ならばもう一度チャンスを与えてみようって事になるでしょう。

でもです。

それだと何の解決にもなってないんですよね。

この手合い、バレたら別れます。

相手とコソコソ続いてたりってのは少ない。

でも再度、浮気がはじまったら、前回の経験を教訓として完全に隠しにかかります。

だから気付きにくい。

そして監視の目を緩められない。

要するに信用まではほど遠く、いつまでも監視する必要がある訳です。

ハッキリ言って家族としては、妻としては、そして夫としては、非常に心労です。

やり直す選択にはかなりの覚悟が必要です。

この手合い、結婚して間も無くこんな結果を招く例が多いんです。

結婚して1、2年。

新婚生活中、子供もまだって時に急にやらかしてたり。

それまでは非常に良い子ちゃんで来てたのに、急に始まるお痛。

夫婦も熟してくると理解も早いんですが、新妻や新夫にはツラいし理解不能。

探偵さんの浮気調査で真実が判明した際にはかなり重症。

しかし、若い分、立ち直りも早い。

相手の女(男)と、別れるって言ってくれた。

もう一度やり直したいって言ってくれた。

自分が間違ってたって反省してくれた。

相手の言葉や態度を鵜呑みにして、どんなにそれまで酷い目に合ってても、若さって凄い、許してしまう。

比較的早い段階で受け入れちゃう。

はたしてこれが正解なのか。

やり直すのが正しい選択なのか。

その辺りは、リトライした結果でしか判断は出来ませんが、それには人生の大事な時間を費やすことになる。

決断は早い方が良いもの。

これって離婚を進めているのではありません。

家族は出来れば一緒の方が良い。

夫婦は山あり谷ありと、分かってはいますが、お子さんがいないのであれば、別の人生って選択もありなのかも知れません。

若い程、感情に引き摺られやすい処、人生の重要な分岐点、慎重に判断なさる事を願っております。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。