探偵事件簿 探偵事件簿

浮気し借金を重ねる反省したフリの不倫妻たち

こんにちは、探偵事務所「帝国法務調査室」の大塚律子です。

温かくなりつつありますね。

浮気夫、不倫妻さん達も温かくなると、やはりお出かけしたくなってしまうもの。

しかしです。
緊急事態はまだまだ続いてますよ、浮気夫さん、不倫妻さん達。
温かくなって来たし、私は大丈夫、少しなら…、お茶だけなら…と外出。
少しどころか、何時間も密室で過ごしている全てを我々探偵さんは明らかにしている毎日です。

会いたいって気持ちは分かりますが、そもそもです。
繰り返しますが、そもそも不倫なんです。
止めましょう。(怒)

不倫妻の浮気調査事例です。

結婚後、離れて暮らしていると云う息子夫婦のことで、お母様の立場からご相談頂いたのがスタートでした。

「息子の嫁の浮気を疑ってます。調べられますか?」との問い。

勿論、調査は可能なのですが、同居していない家族からの調査依頼は、様子が分からず長期化しがち、費用もかさんでしまう事がネックです。

息子さんからの協力がどこまで得られるのかが、期間の短縮と費用の圧縮に通じます。

無駄のない方法を探す為、色々とご事情を聞くと、幸いそもそも嫁の問題は息子さんからの急にかかった電話で知ったとの事。

同居家族である夫からの協力は得られそうでした。

「アイツ(嫁)浮気してるかもしれない…。」「様子がおかしいんだよね…。」息子さんご自身でも色々とチェックしたそうです。

車のトランクに知らないバッグがあり、中身を見ると見たことのない派手な下着や避妊薬の他に、大人のおも〇ゃまであったそう。

「浮気しているのか」「もしかしたら風俗ででも働いているかもしれない…。」と言っていたそうです。

浮気?!風俗?!
そんなことがあったら…。と思うと落ち着いていられません。

お母様は、疑わしいまま放ってはおけないと、息子に代わって浮気調査依頼。
真実を明らかにしようと動き出されました。

息子さんからの情報協力は確りと得られる事もあり、経過はスムーズに行きました。

背景としてはこう。

まもなく結婚4年目。

授かり婚でのスタートでした。

出産も一段落し、奥さんはパートに行き始めたのですが、半年程経過した頃より、徐々に様子がおかしいと思い始めたそうです。

そして別の問題も。

「実は、結婚後に分かった事なのですが、妻は借金がありました。隠していたんです。」

その借金は、サラ金で300万円ほど。

奥さんに何の借金か聞くと、友達の代わりに借金して渡したが友達は音信不通になって、行方も分からなくなった。との事でした。

はじめは「若い頃にだまされたのか」と同情的ではありましたが、そもそもサラ金で限度額を大きく超える借金をしている時点で、素行や素性と云った人となりや背景について、怪しむべきだったのです。

パートに出たいと言い出した頃、妻は「借金で迷惑かけたし、返すためにパートへ出たい。」

それが勤務のスタートだったと言われます。

子供のためにも貯蓄をしていこうと。

そう言われると、疑いもしませんよね。

でも後から調べると、既に妻は借金を重ねていた。

元来からの浪費家でした。

勤めた先は、自宅近くの会社の事務職。

「残業は無いと聞いていましたが、3ヶ月後にはいつも通りの時間に帰宅していない事がわかりました。」

ある日の夜、一向に職場から帰宅しない妻。

用事もあり、妻のスマホに電話したところ、電源が入っていない。

そこで急ぎの様だったこともあり、会社の電話番号にかけたところ、「はい。株式会社〇〇です。」とサッと電話に出た妻。

「後でかけ直します。」とよそよそしい、そして取り付く島もなく言われ、折り返しかかって来たのは2時間後でした。

その夜、奥さんに「事務職だよね?決算でも無いのに何でそんなに忙しいの?」と聞いたそうです。

「事務だけど、営業もお願いされてる。」「会社では携帯を切っておくようにしている。」と言ったそう。

ご主人も営業職であるから、時と場合によっては、そういう時もあるだろう、と思ったそうでしたが、パートでありながら営業までさせられている妻に、会社の対応への不満を以ってのでした。

この時は、妻の愚行も知らずに信じていたのです。

その半年後には「社員になりたい。」と言い出した妻。

子供が小さい事もあり、賛成出来ない旨伝えましたが納得しない中、妻方の両親も反対したため、泣く泣く納得するのですが、それでも日に日に妻の退勤時刻は遅くなって行きました。

そんな中で確認した身の回り品。

そんな中に、奥さんの車を確認した際、前述の見知らぬバッグを見つけたのでした。

調査を開始して、すぐに判明した事は、毎日の帰りが遅いのは職場で上司と残って、不必要に残業していた為。
調査時には、必ず職場から不倫相手の既婚の上司と二人で出て来て、笑顔で手を振りそれぞれの車に乗って退勤。

そんな毎日でした。

そして週末は、近くのファーストフード店に迎えに来る当の上司の車に乗って外出。

ラブホテルへ直行でした。

そして判明した更なる150万円の借金。

妻は、やり繰りできない女性、根っからの浪費家でした。

単なる浪費でしたが、度重なる買い物で夫の月額40万円の給料では足らず、カードローンで買い物。

前回の借金を返している事も与信を上げる結果となり、借り入れだけはスムーズに通っていたのでした。

浮気、そして借金の重ねに夫は限界でした。

報告時に来社されたお母様と夫となる息子さん。
大変落胆していらっしゃいました。

子供も産まれ、漸く父として頑張っていた中での今回の問題、非常にお辛い結果となられました。

夫婦間の話し合いは、夫が苦言を繰り返す一方的なものとなるでしょう。
妻のお金と異性交遊の問題、これはなかなか根が深く、解決には妻の反省と共に、夫も解決に向け一緒に取り組み、そして受け止める事も重要になります。

『また繰り返しているんじゃないか!』との疑念。

特には不倫問題は、夫婦間の愛所すら疑わせてしまう根幹を揺るがすもの。

問題の根は深い。
その事を胸に、今も問題解決に取り組んでいらっしゃいます。
我々は、経過をお聞きしつつ、色々な事象、そして心持ちをお話しする事があります。

「少し楽になりました。」と言ってお電話をお切りになり、再び家庭へ向かっている多くの皆さまとご一緒しています。
そしてお幸せを願いつつ、解決へ向けた方法を模索している日々で、調査後も戦いは粛々と続いて行きます。
むしろそこからが長くつらい道のりです。

きっとその努力は報われる。そう信じ、皆さまと共に解決へ向け取り組んで行きたい。
そう願っております。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。