浮気が怪しくても問い詰めない、最短の問題解決

浮気の気配があった。

例えば財布の中身を見た。

いえいえ、勝手じゃないですよ。

なんか用事があって、理由があって、ホントたまたま???色々見たとしましょう。

スーツの内ポケットでも。

ジーンズの尻ポケットでもいい。

とにかく見つけちゃった。

ラブホテルが発行風の店名が無い謎のポイントカード。

映画のチケット二人分。

観光地らしきエリアのお店のレシート。

ソフトクリーム2つって何?

出て来た。

もうどんな言い訳されても、あの日は間違い無く仕事だって言ってた。

別の地域に出張だって言ってたのに、それとは別の事情が知れた女の気配プンプンの証拠品が目の前に。

となると問い詰めたくなるのが人の性。

もう、モヤモヤとイライラが治まりません。

だから帰宅を待って、待って、待って、食後に実行です。

そのものを出して『これなに?』と。

当然、当人は、目をキョロキョロさせながら言います。

『あーそれね、えー、あれ・・・』

デタラメ。

嘘。

言い訳。

結局分かったことは、『浮気してる』って確信を得たって事。

でもここです。

証拠は無い。

故に、問い詰めてはだめなんです。

問い詰めなくても、何だったのか、とにかくそれとなく聞きたいと云うのならば、最悪でも問い詰めないでサラッと程度の話の流れの中で聞く程度。

でも、聞ける言葉は上述の通り、「ウソ」です。

どこまでリスクを犯してまでウソしか出て来ない回答を聞くべきなのか疑問です。

それでも聞かずにはいられないとしたら、そのウソ、信じてあげるフリをする。

余裕ぶってでも良いから信じてるってフリをする。

安心して見せる。

その余裕が無ければ聞くなんて行為は、「はい、バレかけてますから上手に隠してくださいね」って警笛を鳴らしているに過ぎません。

だからです。

ここは1つ、今はバカのふりをする。

「損して得取る」ってことわざを実行したい処、油断させて、更に実状を確認すべきなんです。

怪しまれずに探偵依頼まで行ければ、調査費用はとにかく安く付きます。

自分で色々嗅ぎまわって、スマホもカバンも財布も開けまくった。

レンタルGPSまで付けて自分で追跡したけれど、チラっと「見られた」瞬間があった。

そんな事態では、浮気夫、不倫妻でも警戒してしまいます。

ましてや問い詰めまでしてしまうと、水面下に潜っての密会。

警戒させてしまっていては、もうおいそれとは浮気の証拠を掴ませてはくれません。

それでも探偵さんは、依頼があればどうにか尻尾を掴むため最善を尽くしますが、2段階、3段階と手を打つ、現場での情報収集も少しづつ積み重ねると云う事になり、費用が嵩む事になる。

「そうなっても良い。」

「費用なんて後から相手に請求してやるわ。」

そんな余裕のある方なら良いかも知れませんが、基本的にはお金は大事にしたいのは皆さん同じです。

まとめます。

浮気夫、不倫へは怪しい素振りがあっても1人でどうにかしようと思い、実行に移さない事。

そして安く済ませたければ、何もせず普段通りに過ごしている中で、探偵事務所を訪問なさる事をお進めします。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。