浮気がバレて捨てられる浮気夫たち

今日は寒いのか暖かいのかどっちなんだって張り込み前に気になる気温。

ベスト型のダウンを忍ばせる事を忘れては長時間の張り込みも辛いことになり兼ねません。

防寒対策バッチリで、本日も浮気調査へ出動中の探偵さん達です。

当探偵・福岡事務所が加盟する全国600社加盟の業界最大団体の一般社団法人・日本調査業業協会の福岡県の協力団体である「福岡県探偵調査業協会」と云うものがあります。

時折、研修会や総会等の関係で皆で集まり、「あーでもないこーでもない」なんて話をするんですが、共通の認識としてあるあるなのが、妻の浮気の相談件数が夫の浮気の相談へ追いつけ追い越せって勢いで急増してるって話しです。

うちは、奥さんからの夫の浮気調査依頼が多い状態なんですが、間違い無く増加傾向にあるのは、浮気が発覚して離婚へと向かう夫婦が増加傾向にあるって状況。

女性が強くなったり、社会的地位や支援もあって、生きる術を手にして来たって事が後押ししているかも知れません。

浮気夫も「とうとう浮気がバレて捨てられる」時代です。

これまでは妻は、夫が浮気をしてるって事を知っていた訳で、注意したり、問い詰めたりって事を進めて来た訳ですが、白状しないし、しらばっくれる夫だった。

不安からなのか夫の浮気を全然気づかないフリして平穏な家庭を演じてた妻もいますが、多くは「これ何なのよ!」「正直に話して!」「どこに行ってたの!?」と詰問するものです。

しかし、上手いこと煙に巻いて逃げ切る浮気夫がいて、どうすればいいかって考えた結果がハッキリしようと立ち上がる。

ハッキリさせたいと探偵を雇うわけです。

その結果、浮気の証拠は完全に暴露され、言ってた話とは全然違うダラシナイ夫って事が発覚する。

探偵の証拠で完全に浮気がバレた結果「もう離婚でいい!」って決断する妻。

なんだかこれを読めば探偵の証拠が離婚に追い込んだって感も否めませんが、複雑ながら実際にはまずは離婚しない方を進めています。証拠があればいつでも離婚なんて出来るから。

でも実際には、苦しんでいた妻、離婚の決断が出来ずにくすぶっていた中での背中の一押しって事になるのか、決意のほどは皆さん依頼前から確かだったと感じています。

迷ってる位だったら離婚しないって事でしょう。

そんな中、浮気は証拠まで撮られて完全にバレてるのに否定。

妻の決意が迫力となって表れるのか、「離婚」の2文字を突き付けられて、否定しつつ往生際が悪い事この上ないながら、結局は時間の問題。

浮気を認めた。

ここからが一転。

今度は「俺は離婚したくないんだ」と言う浮気夫。

妻は「離婚です!」ってバッサリ切り捨てる。

うなると協議から調停、裁判と移行して行きますが、浮気夫は「離婚したくない・・・許して」と。

さんざんそれまで妻に浮気を問い詰められれば「離婚だ!」なんてほざいて苦しめていたにも関わらず、情けない限りです。

この時、妻自身、本当の気持ちが見えるのかも知れません。

反省した姿を見て「離婚する」って選択も「離婚しない」って選択もあって、妻がどうするかってところが今後の夫婦、家族の行く末を決めます。

「覆水盆に返らず」って言葉の通り、ここまで行くと離婚ってケースが多いです。

妻の浮気が多くなったって行く中、「こんな浮気夫なんていーらない」ってポンと離婚ってケースも増えてる。

妻が散々、注意して来てた内にちゃんと反省しとけば良かった。そもそも妻の事を軽く考え過ぎてた浮気夫の末路は、家族と独りぼっちって事になるでしょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。