探偵 福岡の興信所「浮気調査・徒歩尾行と車での先回り対応」

浮気調査でも徒歩尾行となると、2~3名体制で行います。

車輛側と徒歩側に分かれ追跡する訳です。

徒歩で出て来た対象者を追って、近くの駅まで移動、何の問題も無い訳ですが、ここからどっちの方向に向かうか分からない。

例えば西鉄だったら、駅の構内で、天神方面なのか大牟田方面なのかって判明する訳で、可能性のある地域に向けて車輛側は先回りしようと現地に向かうわけです。

これはお出かけの話で、繁華街方面に向かう事が多い事から、天神方面に急行する訳です。

調査の対象者は、浮気相手と接触して、ラブホテルへ。

浮気調査 福岡の探偵|探偵事件簿-福岡 浮気調査 福岡の探偵|探偵事件簿-福岡

 

浮気の現場で有力な証拠となるラブホテルから出て来るところも問題無く撮影した後、当然、両者はそれぞれ帰路につく訳です。

浮気相手の身元が分かっていれば気も楽ですし、駅方向へ向かえば車輛側も先回りで現地へ急行なんて事も出来るんですが、どこの誰かも分からないって場合は、行動にあわせて追跡を続行する訳です。

浮気相手は、対象者と別れて博多駅から電車に乗る模様となった場合、はたして北九州方面に向かうのか、久留米方面に向かうのか、駅の構内への進み具合いで徒歩側は車輛側へ急行指示をする訳ですが、どんなに急行しても、(時間帯にも依るんですが)とても先回りは不可能です。

駅に着いた後は、徒歩尾行だったのが、対象者が自転車に乗ったりすれば、急にランニングになったりしますし、対象者が女性だったりしますと、慎重に追跡しなければなりませんから、夜中の追跡だったりすると、かなり距離を取りつつ走って追いかける。

怪しいですよね。「ハアハア」言いながら走って来る男が近くにいたら怖いですよね。

田舎でなんかだと半分ホラー映画みたいになったりします。(汗)

距離が近いと気配が伝わり発覚してしますから、距離を置いて走って行く訳ですが、キツいのなんのって・・・・。

車輛側が、遅れて迎えに行くと、徒歩側、いいえ走り側は駅前の階段に座り込んでいた李します。汗だくで・・・。

裁判など公での有事の際に使う事になる探偵事務所の調査報告書ですが、必ず浮気相手の身元が大事になるもの。そんな事で、苦労を押して証拠や身元の確認を行う訳です。

皆さんと最後まで一緒に戦って行く中で、我々の専門部分で落ち度は作りたく無い訳で、こんなことを全力で必死で、地味ーにやっていたりする訳です。

今後とも、正しい者が理不尽に損をする事の無いよう、一緒に頑張って行きたいと思います。

当探偵 福岡事務所では24時間365日、ご相談・調査をたまわっております。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。

 

探偵 福岡の興信所「浮気調査・徒歩尾行と車での先回り対応」|探偵事件簿-福岡 探偵 福岡の興信所「浮気調査・徒歩尾行と車での先回り対応」|探偵事件簿-福岡