探偵考察|浮気で失う夫婦・家族間の信頼、後悔先に立たず

毎日の平凡な生活に幸せを感じられない、現状への不満。

そんなものは誰だって多かれ少なかれ感じているものです。

心の持ち方で、自らの幸せの有り方なんて変わって来るものですが、それに気付けない浮気夫、そして不倫妻。

私生活上において、どん底に叩き落とされた時、家族のありがたみが身に染みるものですが、調子に乗ってる今、そんな大事な事を耳に入れても、屁とも思わない。

失って知るしか無いのかも知れません。

夫婦間において、相手を失うと云う場面は『離婚』となりますが、そうなる前に終わらせたい。

失うものを最小限にしようと思えば、『信用』を失うレベルで関係復帰に努めたいものでしょう。

本日のテーマは『探偵考察|浮気で失う夫婦・家族の信頼、後悔先に立たず』です。

平凡な日常にある事を、幸せだと感じてるかは、考え方次第もありますが、置かれた立場でも変わるもの。

浮気された側にとって、平凡な日常のありがたさは、肌身に感じるものです。

不倫してる側は、日常に不満たらたらで過ごす毎日。

そんな中、出会った不倫相手の女(男)に夢中となって行く。

不倫相手とベッドの中で、妻や夫の悪口を言いたい放題放って、有りもしない傷を愚痴って舐め合ってるだけのバカな関係。

それだけでしかない。

女と会うために、男と密会するために、どれだけ周囲を傷付けて、出て行っていたのか。

暴言を吐いて傷つけ、不安にさせ、『離婚』ってワードを盾にして、言いたい事すら言わせず、フタを被せてしまった。

その代償は後々帰って来ます。

時は過ぎる。

それと共に、家族も成長。

10年、20年と時が過ぎ、小さかった子供だって大人になる。

思い返した時に、バカな親父、アホなお袋を尊敬できるはずがない。

心から助けたいと思うはずもありません。

浮気する父親、母親に、ありがとうと感謝されても、『やりたくてやってる訳じゃない』って、正しいことをしつつも、心に影を残す親子関係にもなるでしょう。

浮気された妻、夫にしてもそう。

あれだけ傷つけられて、不倫が終わったからと、何食わぬ顔で戻られて、謝罪すら無い関係において、いえ、謝罪があったとしても、何のしこりも無くやり直せるなんて事、ありません。

いつまでも苦しめる信頼関係の欠如。

身勝手な行動がいつまで人を追い詰めるのか。

終わりの付かない不倫。

その不信感を払拭する、家族関係を回復するためにも、夫婦が関係を取り戻すため、浮気夫(妻)とも、そして不倫相手とも、確り決着を付ける。

けじめを付けて終わりを付けなければ、いつまでもモヤモヤと凝りが残るでしょう。

慰謝料?お金じゃありません。

良く分かります。

お金払えば済む問題じゃない。

しかし、全く同じ思いをさせる事は現実出来ません。

だからこそ解決策をそこにもとめただけの事ではありますが、認めさせ、謝罪の意を以て問題へと、浮気夫(妻)、不倫相手の女(男)を向き合わせなければいつまでも終わりが着きません。

放置していては問題の終わりなんていつまでもやって来ない。

だからこそ立ち上がり、問題の決着を迎え、前進する事。

その務めが、きっと関係回復に向けた、被害者側の心までも救うものと信じています。

我々探偵事務所は、心をお救いしたい気持ちは強く持っていますが、現実には難しい。

しかし、共に戦う事、寄り添って問題と向き合う事は出来ます。

後悔の無い問題への向き合い方、問題解決方を以って相対する不安の無い選択肢をお伝えする。

そして逸早く完全決着を経て、平凡を取り戻し、未来の幸せに向け歩んで頂きたいと願っています。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。