探偵の証拠を突き付けるべきか否か

夫や妻の浮気の問題は、とにかく家族に大きな影を落とします。

逸早く解決したいと考えた場合、どうしても必要なのが、浮気に関する確たる証拠。

これが無ければ言い逃れされてしまい、後々には水面下に潜られて、浮気を証明できず、なにもかも無かった事になってしまう。

いやいやラインあるし、女からの手紙を写メったし、メールでいついつ会うって内容も確認したよって方もいるでしょう。

しかし、それでは必ずしも浮気の証拠を得た、立証したとは言えないものです。

結局は、浮気、不貞行為って、性的関係の有無だけを差します。

要するに男女関係があったのかなかったのか。

それだけ。

メールで遣り取りしてたとか、手を繋いだとか、それを以って浮気だって騒いでも、徒労に終わってしまいます。

騒ぎ立てた後に、証拠を撮ろうと思っても、前述のように水面下に潜ってしまい、それこそ撮れないって事になるでしょう。

これはこれまで繰り返しお話しして来たものですが、今日のテーマは次の段階。

探偵の証拠を突き付けるべきか否か」についてです。

探偵事務所の浮気調査で、浮気夫や不倫妻の浮気の証拠を得たとしましょう。

探偵さんに依頼して、浮気夫や妻の追跡を頼んだ。

色々あったが、結局は、メールに書いてあった通りに不倫相手と会って、ラブホテルへ行ったとする。

現在、法律家の皆様との打ち合わせ上では、ラブホテルへ行き一定時間の経過を確認すれば、不貞行為の立証が間違いないと判断されていますから、その要点も押さえたとする。
そいて、不倫相手の身元も判明して、名前も住所も分かった。

それによって、どこの誰って事が確認され、住民票もそこに置いてるって事が分かった。
(これって大事な事です。)

そうする事で、いつでも戦えるって事になる訳です。

臨戦態勢バッチリとなれば、「さーうちの旦那にガツンと行くわよ!」「嫁さんに問い詰めてやる」って方向性が一般的。

離婚できればそれでいいって考える方は、嫌な思いもしなくていい訳ですから、弁護士さん通じて即離婚。

しかし、皆さん、離婚する事は望まない、もしくは相手次第って考えてる方が多い。

そう、ここは後悔して欲しくないって事で、私達探偵さんも、直ぐに弁護士さんって形よりも、まずはお二人でお話合いがいいんじゃないかってお勧めしています。

そこで出て来るのが、報告書を突き付けて、「浮気してるよね!」って問い詰めていいんですかとの質問。

基本的には、突き付ける事をお勧めしていません。

浮気している証拠まで取っている状況下、問い詰められれば逆ギレされる恐れもある。

そこまでやってんなら離婚でいいと開き直る。

手の内を見せてしまう事になり、万一、争い事になった場合、相手に色々と準備させ得る事になりかねない。

など色々理由はありますが、そこまで叩き付けなくとも、「どこどこのホテル行ったよね。」「相手はどこどこの誰さん」ってまで言えば、観念する事が殆どです。

浮気問題を話し合いで解決する段階で、全てをさらして、傷付ける必要はありません。

いずれにしても、話がこじれて、公の場で争う、調停だ裁判だと進んで行けば、浮気調査の報告書を出して行く事になり、多かれ少なかれ、やけどを負え、傷を負うって事になるでしょうが、二人での話し合いの中で、罵り合って傷つけ合う事なんて必要無いでしょう。

まともに話し合えない相手とは、既にその段階で向き合い解決なんて望めない

理想の解決、治療なんて期待しても難しいでしょう。

だからです。

夫婦間で話し合う段階では、手の内は見せないって方向で進めて行きましょう。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。