幸せを求めて自分が進むべき道

浮気調査をお引き受けし、色々な今後の対応に関するカウンセリングをお受けする中でお尋ねする事の1つ。

浮気された夫、妻へのお尋ね。

『もしご主人が(奥様が)、心から反省して謝罪なさったら許しますか?』

「いやいや、あの人(浮気夫や不倫妻)が絶対に謝って来るなんて無いですよ。(苦笑)」ってお声が多かったりもしますが、仮にってお話しでお尋ねします。

 

真剣に受け止めて貰って、判断頂くと、意外と見えて来るご自身のお気持ちですが、「うーん・・・どうですかねー」って答えあぐねてるってケースが多いです。

ただこの質問、悩まれる方ている内は、まだ浮気夫や不倫妻に気持ちが残っている状況と見て良い処です。

”離婚する”と決意された夫や妻に同じ質問すると、程度によって、
『向こうがもう無理って思ってると思いますよ。』だとか、
『いえ、もうやり直す事は無理です。』『やり直すつもりはありません。』って答えだったり、
状況に応じた答えが返ってきます。

『向こうが無理』って答えの場合、自身の気持ちが少しは残っていて、相手次第ってところですが、
『無理です。』ってハッキリしている言葉には既に離婚するんだって意思がハッキリ出てますよね。

ここまで来ると、泣いて謝罪しても、この期に及んでどんなに上手いこと言っても無理なもんは無理って状態になります。

悲しいかなもうダメみたいです。離婚の意思は固いもの。

ただし、少しでも迷うきらいがあるのなら、後悔しないように最善を尽くすって方向を取って欲しいものです。

勿論、そのまま許して受け入れるって話じゃあない。

浮気相手の男や、不倫相手の女を野放しにって訳じゃ無く、法的対処まで取って、浮気夫や不倫妻にはきっちり責任は追及する。

相手に許可を取るなんて事は無いし、淡々と、粛々と事を進めて行けば良いんです。

そうすれば本気なのが身に染みて分かる。

浮気の兆候を見つけては指摘したにも関わらず、「気のせい」「勘違い」「俺のじゃない」なんて言葉にはもう飽き飽きしているのは分かりますが、
この一手を最後に、縁あって一緒になり、夫婦そしてご家族となられたお二人の関係を最後に判断する機会となさって下さればと思います。

どの道が正しい等と云うものではありませんが、一度進んでからでは後戻り出来ない離別と云う道は、最後として、後悔しない選択をなさって欲しいと願っております。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。