妻から離婚と言わせたい浮気夫たち

長期休みが続くと、ざわつく不倫相手の女。

妻との時間、子供との時間にほだされて、2人で計画した離婚計画がおじゃんになるんじゃないかと心配でなりません。

だからお伝えしてるんですが、独身の不倫相手の女だったら、慌てて会おうとするから、出来るだけ費用を掛けずにプロの探偵による浮気調査を終わらせたいって方にとっては調査・撮影のチャンスです。

さて本日のテーマは「妻から離婚と言わせたい浮気夫たち」です。

基本的には浮気は認めないで、とにかく離婚、離婚と騒ぎ出すスタンスの浮気夫が主として多い。

自分にとって都合の良い状態で離婚したい浮気夫さん。

不倫相手の女がいるなんて事は、ひた隠しにして、姑息な手段を使って、妻の粗探し、「ここが気に入らん」とあらゆる点を攻めて来ます。

その上で
「もう一緒に生活なんて無理だろう!」
「お前に対してもう一切気持ちが無い」
だとか
「しばらく別居しよう」
「実家帰れば?」
「仕事始めた方がいいんじゃない?」
と矢継ぎ早に攻めて来ます。

この浮気隠しに必死な浮気夫とは違い、偶に、「気になる人がいる」「好きな人がいるんだ」と、自白して離婚って言い出すスタンスの浮気夫もいます。

ただし、そんな相手の女がいるって事は認めても、明確に不貞関係にあるって事は認めません。

確信に触れようとすると、ぼやっと濁して核心には口を閉ざしたまま、どうにかやり過ごして自分のペースで離婚へ持って行きたい。

この辺りは「妻にもうバレそうだから」って事で、自白して来たってケースではありません。

「ただ離婚したい」って主張だけでは、時間がかかってしまうはずだと踏んで、とにかく強行突破したいと。

その強行突破前の宣戦布告で、ストップをかければ大声で責めて来て、平気で酷い事を言う人が変わったような夫、今まで見た事無いような夫が責め立てて来ます。

これだけ言えば、妻も納得して別れてくれるだろう、承諾して離婚に応じるだろうって来たいを胸に、穏やかには無しをぶつけてきた訳です。

もう気持ちは無いし、家族ともさよならしたい、だからもう離婚って気持ちに切り替えて納得しろよ、ってホント利己的で我が儘な考えを押し付けてきているだけの事。

勿論、妻にしてみれば、一生涯の事を、ポンっとその場で告白されて「はいそうですか。」なんて簡単に離婚届けに印鑑を押すなんて事はありません。

まずは
「相手は誰なの?」
「どこでどう知り合ったの?」
「子供でも出来たの?」
って聞く訳ですが、
その辺りは黙ったままで応えない浮気夫。

簡単に承諾してくれるものと、スムーズに離婚へ進むとでも思っていたのでしょう。

気になっている人、好きな人、会社で仲いい人、悩みごとの相談相手・・・と、色々、オブラートに包んで行ってきますが、要するに不倫相手の女がいるよって言ってるだけの事です。

本人にしてみれば、とにかく穏便に済ませたかった。

再婚の後の事まで考えてるのか、家族間では、妻を悪者にしてどうにか離婚までこぎつけたい。

しかし、思った通りに進まないと分かった時点で、外泊に拍車がかかり始めます。

ここまで来ていると、妻側が離婚しないって選択は、かなりの辛抱と忍耐が無ければならないてじょう。

諦めてしまえば完全に相手のペース。

それで終わりです。

浮気乙とと不倫相手の女の思う通り、望み通りにしてやるのか、暴き出してこっちのペースで動いて全てを公にして、キッチリ責任を取らせるのか、諦めてしまえば相手の望みを叶える事になる訳ですから、その辺り、慎重に対処が必要と探偵さんは思うものです。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。