妻から夫の離婚要求と真実を知る第一歩

探偵・福岡事務所の相談員・赤崎です。

朝晩の気温差が大きく、体調を崩される方が多くなります。

特に母親が体調を崩されると家族の歯車が狂って来るようです。

それだけ母親の存在は大きと言う事にもなります。

家庭内は安泰だと思っていたのに、突然「これ以上あなたとは暮らせない」と妻が離婚を言い出すと云うケースがあります。

突然の離婚要求に夫とすればビックリですよね。

妻に「離婚???他に好きな男でも出来たのか」「馬鹿馬鹿しい。そんなんじゃないわ。」「何が不満で離婚だ!理由を言ってみろ」と声を荒立てる夫に「性格の不一致」と告げた後は家庭内別居が始まったなんてご夫婦の事例。

5年前に二人で開店したお店の経理や店番をしながら支えてくれた妻が突然離婚したいと言い出した。

夫はただ戸惑うばかりで、当探偵社にご相談されたのでした。

家族の幸せだけを願い懸命に働き、「つい先月には家族旅行にまで行ってきたんですよ。」と話されるご主人様でした。

店番の無い休日や、ご主人様が留守の間、奥様の行動を確認する中、真実の離婚理由として疑っていらっしゃった『もしかして他の男」が』と言う疑いについて、何かしら判明するのではと当探偵事務所に浮気調査を依頼された事例です。

尾行・追跡期間は1か月。

奥様の行動から不審な点は無く、学生時代からの親友宅を訪れるだけ。

本当に「性格の不一致」が理由?調査報告を受けたご主人様は、奥様の親友なら妻の気持ちが判っているのでは」と訪問し、尋ねられたそうです。

突然離婚を考えたのではなく「夫への不満や怒りの積み重ねから、貴方とはこれ以上暮らせない、離婚して欲しい」との要求に至ったようでした。

平成29年度の厚生労働省の統計。

婚姻件数は 60万7000組、離婚件数は21万2000組であると、平成29年12月に発表されていしまた。

単純に数だけで計算すれば、結婚した人たちの3分の1が離婚しているって、実に多いですよね。

司法統計では無いので離婚理由までは出ていませんが、例年、離婚理由の第1位は性格の不一致です。

第2位は、異性関係、いわゆる夫・妻の浮気って処は今も昔もずっと1位・2位変わらず続いています。

どちらの理由でも、離婚を求められた側としては、納得が行かない場合は当然事実の確認が必要ですよね。

真実を知る前向きな第一歩が、皆さんの人生の分岐点では重要になって来るはずです。

戸惑いながらご相談されたお客様も今では奥様のお気持を優先しながらお店も繁盛していると聞きます。

あのまま妻の気持ちを理解出来ず、家庭内別居が続いていたと考えると調査依頼して本当に良かったですと感謝された事を思い出します。

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。