探偵考察|女か子供で迷う浮気夫、時を経て始まる妻の復讐

子は鎹(かすがい)なんて言葉があるように、夫婦関係において、離婚を選択せず修復の理由となり得るものの1つは、子供の存在でしょう。

夫が女と不倫している中、離婚を思いと止まらせる、か弱く大切な子供の存在。

妻ではない点が腹立たしくもありますが、いつまでも恋人関係なんて続きませんし、どの夫婦関係も少しずつ形を変えて和して行くでしょう。

いくら不倫相手に夢中でも、子供との生活にピリオドを打つなんて事は出来ないと。

女との関係も、のらりくらりで引き伸ばす浮気夫が多いものですが、別のもいます。

子供の事なんかお構い無しで、女との不倫のその先へ。

再婚まで望んで突っ走る男もいる。

子供がどんなに電話しても、一応、応答はするものの無感情。

冷淡な性格でバッサリ切り捨てる事に躊躇の無い情の無い男もいます。

この辺りは女の誘導も多少は入っては来ますが、基本的には子供と女とを天秤にかけてる訳です。

煮え切らない男に業を煮やし行動に移し始める女。

夢中になってるはずなのに、なぜか本気にならず、いつまでも離婚しない男。

女にしてみれば、家族との離別を求める訳ですが、巧く行かない。

となれば最後の手段にと別れを切り出し振り向かせようと打って出るでしょう。

それでものらりくらりの男に、最後は期限まで切って別れを具体化。

本気と見せ掛けてその実、引っ張り込んで逃さないように引き摺り込むでしょう。

家族からどうにか男を引き剥がしたいのが、真意として見え見えです。

そうまでして夢中の女。

既婚の子持ちの男を手に入れたいのは何故なのか。

妻にしてみれば、子供がいなければ『はいどうぞ』って熨斗(のし)つけてくれてやりたい気分ですが、生活もあるし、その場ですぐなんて決断は付かない。

いや、全く愛情が無いなんて訳でもないし、なかなか頃合いが難しい。

妻にしてみれば女に夢中なら離婚を選ぶのか、女にしてみればやっぱり家庭を取るのかと、互いにフワフワとのらりくらりの男の心情が理解不能でしょう。

しかし答えは簡単。

夫にしてみれば、子供を取るか女を取るかの瀬戸際にいたりするもの。

妻も女も、ハッキリしない夫の行動が理解不能だったりしますが、単に夫は意外と子煩悩だったりする訳です。

悩んでいる様が、実は女と子供を天秤にかけているだけのこと。

小さいコロンはパパ!パパ!って追いかけてた小さい頃を思い、離れられない情は持ち合わせている浮気夫。

しかし、時を経て、子供は段々と成長。

思春期に入ってくるし、父親なんて煙たいだけの存在になってくる訳で、ましてや浮気夫なんて、家族の閉め出しもあるし、そもそも居場所が無いんです。

自らやらかしといて疎外感感じ、離婚を決意するも、やっぱり子供とは離れたくない。

考えとしては、悪くもないんです。

家庭生活は壊さない。

家族の、特に子供の住環境を壊さないように維持してあげようって考え。

こんな女と子供の、そして妻との狭間で揺れ動く浮気夫の考えは見え難いようでいて、単に答えのでない迷路にはまって、あっち行ったりこっちに戻ったりと、さ迷ってるだけの事でしょう。

往々にして多い選択は、選択しない事。

答えのでない男に愛想つかして別れる女。

子供の父であることを思い、いや面倒な事は置いといて、単に女とヨロシクやれればよかったのかも知れませんが、とにかく家庭に残った夫。

でもです。

目前の生活の中、子供はいずれ出て行くもの。

残されるのは夫婦関係のみ。

良いか悪いか、最後は二人に戻ります。

その頃、女とも別れていようとも、浮気夫の中ではその不倫が身勝手にも過去の事になっていようとも、忘れないのは被害を受けた側。

時を経て妻の復讐劇が始まるやも知れません。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。