失うものが多すぎる浮気・不倫の行末

探偵・「帝国法務調査室」福岡事務所の女性相談員・赤崎です。

今日から3月、春の便りがあちこちから聞こえてきます。

浮ついた気持ちになりがちな季節柄、本日は男性の浮気心について長年の相談経験からお話します。

生理学的に男性は自分の遺伝子を出来るだけ残そうとする為、浮気に走りやすいと言われているようです。

人間以外の動物も同様、一夫一妻を定とする日本社会で男性は、多少ながら制限された立場に置かれていると思います。

浮気=子孫を残すなんて考えから、「浮気は男の性だ!」なんて馬鹿な男性がいたりもするようですが、ここは思い違いです。

浮気=子孫を残すと云う事は無く、浮気は浮気であって、「男の性」と言われるものも、性的行為の末に産まれた命を人として育て行く事が最終的な人としてのあるべき形なのです。

だから、無責任に、ただSEXをするだけなんて浮気・不倫関係が正しいなんて事は絶対にありません。

むしろ場合によっては不幸な心から悲しい結果が待っているでしょう。

浮気相手にウキウキの浮気夫・妻も、バレたあとは不倫相手と家族の挟み撃ち。

地獄の日々が待っていると分かっていても、気づくと女性を口説いている浮気癖が治らない輩はいます。

浮気がどれだけパートナーや子供を傷つけてしまうかと分かっていながら「つい!!」やってしまうバカな不倫夫も浮気妻も多く、バレれば警戒から浮気も巧妙化して行きます。

異変に気付き、どうにか情報を得たいと車内にボイスレコーダーを設置する方は意外と多いのですが、生々しい会話から不倫相手の存在を知るも、それだけでは浮気の証拠にはなりません。

ただし、「相手がいるのかいないのか」って判別にはなる訳です。

同僚女性らしき人にラブコールの音声が浮気判別のキッカケ。

その後の調査で部下女性との不倫事実が確認されたのです。

社内恋愛を禁じる会社は多く、となれば社内不倫なんて容認する会社はまずありません。

厳しいところでは、関係が破綻した後でも、社内で不倫が発覚すると左遷され一生を棒に振る可能性もおおいにあります。

社内不倫のみならず、美人局やら恐喝、脅迫なんてものも、高給取りのお偉方を狙って網を張っている連中はたくさんいるもので、本当に気を付けて引き締めて行かなければ、会社どころか社会的地位もお金も全てを失う事になっていまうでしょう。

私達相談員がお受けした「夫の浮気調査」の限りでは、一度、浮気経験がある不倫夫は、再び浮気のチャンスがあれば必ず浮気心が出てしまうのではないかと感じるフシがあり、言い換えればその浮気と云う病魔と闘い続ける悲痛があるでしょう。

近年までは、夫の浮気がバレても経済面で妻子が依存している場合、特にお子様のいるご家庭で、妻は生活の安定を選ぶ方事が多かったのですが、最近は経済力に物言わす不倫夫からスッパリと自立を選ばれる方も増えて来ました。

色々な家族、夫婦の在り方がある分けですが、人生の重要な分岐点に於いて、間違いの無い選択をして頂けるよう、しっかりとお手伝いをさせて頂ければと願っております。

 

 

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。