夫婦間の浮気問題、なぜこうなったのか?って考えすぎないで

「なんでこんな事になってしまったんだろう・・・」

夫や妻の不倫問題に直面する中、多くの方は、ため息と共にそう呟いていらっしゃるものでしょう。

「あれっ?」と感じた違和感をキッカケとして、浮気の気配と悟り色々まわりに注視すると、疑いが確信へと変わって行った。

「女(男)がいたりしないよね?」って問い詰めた時は、「無い無い無い無い」って繰り返しの否定の末、「なんで?」の質問返し。

限り無く怪しさが増して行きます。

否定して煙に巻く浮気夫(妻)。

いつしか会話も無くなって、気付いたらただの同居人同然の感じになりつつある私達夫婦。

ああしとけばよかった、もっと色々と言い合える、話し合える夫婦関係を作るべきだった、とか、後悔先に立たずかしらだとか、悔やんでしまう方は多いものです。

本日のテーマは「夫婦間の浮気問題、なぜこうなったのか?って考えすぎないで」です。

なんで浮気する事になってしまったんだろう。
なんでその女とそんな関係になってしまったんだろう。
なにが不満だったんだろう。
もっとこうしておけば良かった・・・。

そんな事を繰り返し考えて、自身を顧みる行為は素晴らしい事だとは思います。
確かに夫婦関係の再構築には必要な事ですが、今考えていてはどんどん苦しくなる
ばかりです。

それは後から考えるとして、
言い方は多少乱暴かも知れませんが、もう起きちゃった事は仕方が無いんです。

どんなに妻が尽くしていたつもりだとしても、
夫婦関係が仮にうまくいっていたんだとしても、
子供への愛情を見せる、家族を大事にしてきた夫だとしても、
浮気する人はするし、しない人はしないもんです。

それが悪妻だったり、モラハラ夫だった、「だから浮気されたんだよ」って言う方もいるかも知れませんが、それも同じ、浮気するやつはするもんです。

だから、自身を顧みようとする事は、スパイラルにはまってしまい、あれこれ思考が入り込んで抜け出せなくなったりするものです。

※以前には別の角度から「夫婦ケンカの根本、浮気スパイラルを断ち切らないと!」って記事も書いてます。

とにかくです。目前に浮気の問題を抱えている今、
どんなに反省しても、
色んな人の意見を聞いても、
ネットで調べても、
今起きている現実は変わりません。

目を背けずに受け止める事が大事。

その結論が出ない反省は、しばらく考えたら一先ず封印です。

現実にいても不安は募ります。

繰り返しますが、
夫婦関係のあれこれに限らず、浮気する夫(妻)は浮気するもの。

夏には家族旅行にも行ったし、
テレビ見ながら将来についてあれこれ話したし、
家族の行事にはきちんと参加してた、
なのになんでってなる訳ですが、
何てことは無い理由なだけ。

只々、女(男)と会いたい、抱き合いたい、自由にしたい、そんな非現実的な世界でルンルン気分で会ってるだけの関係。
ただ目前の相手とHしたいってだけの事なのに、将来なんて考えてるはずもありません。
そもそもコソコソ隠れて会ってる関係の中、生涯を共にする相手だなんて思って始めた不倫なんて略無いと言ってイイ。

そこに理由を求めたって何にも答えは出無いんです。

見えないから不安、どんな浮気相手なのか、浮気相手とどうやって知り合って、どんな素性の女(男)なのか、そのあたりが見えないから、どんどん不安が重なり積もっていくもんです。

これまでの夫婦関係の善し悪しは一先ず封印して、全ての真実を机上に乗せて、影に隠れてる女(男)を引っ張り出して、確り話し合い、戦い合って行きましょう。

浮気調査・結婚調査・尾行調査・身元調査・人探しなど、あらゆる調査にご対応致しております。

トラブルをお抱えの中、思い悩まれていらっしゃる事と思います。

多くのご相談者の方々と問題解決に向け、ご一緒に取り組んでおります。

ぜひ一度、当探偵・福岡事務所までお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

浮気調査など福岡の探偵・興信所なら帝国法務調査室へご相談下さい。